高崎市 歯科衛生士 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

高崎市 歯科衛生士

歯科衛生士とは

ひろかみ歯科医院は高崎市にあります。高崎市にも歯科医院は当院のほかにももちろんありますが、そのほとんどの歯科医院には歯科衛生士が働いています。歯科衛生士というのは、歯科医師の指導のもと、診療の補助を行うことをはじめ予防処置、保健指導を行っています。簡単に説明すれば、歯の治療を行っている方や医師のサポートをするのが歯科衛生士の仕事です。歯科医院で歯石を取ったり歯垢を取り除いたり、ブラッシングの指導をしてもらったりしたことがある方はどのくらいいるでしょうか。この指導にあたっているのが歯科衛生士です。歯科衛生士は誰でもできるというわけではなく、勉強をして国家試験を受け、合格したものが仕事として業務を行っていくことができます。

歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手と歯科衛生士が混ざってしまっている方も多いですが、歯科助手というのは資格は必要ありません。また、歯石除去なども行うことはできません。その点、歯科衛生士は解剖学をはじめ病理学や医学に関する基礎知識、口腔衛生学についても勉強をしています。専門的な知識をもっていますので、様々な視点から患者さんにアドバイスをしたりサポートをしていくことができます。

定期的に歯科受診をしましょう

当院にも多くの歯科衛生士が活躍していますが、それぞれに専門的な知識をもって患者さんの立場にたったサポートやアドバイスを行っています。歯医者に限ったことではありませんが、病院に通うということは多くの方が抵抗を覚えるものです。特に歯医者に関しては、あまり行きたくないと、痛みが出てからだったり、ひどくなってしまってから来院される方も少なくありません。

当院含め、歯の治療を行っている歯科医院では定期的に歯医者に通ってメンテナンスをしていくことをおススメしています。定期的に通うことで虫歯をいち早く見つけることができるほかにも、歯石や歯垢を取り除くことによって歯の健康を守ることができます。年をとっても自分の歯を維持することができていると健康はもちろんのこと、食べたり飲んだりといったことで苦労をしたり悩むことも少なくなります。

歯の状態がひどくなってから来院するよりも、定期的に、こまめに歯科医院に通っている方が自身にとっても多くのメリットがあるものです。当院では、わかりやすい治療と費用をご提案するため、初めて来院される方にはカウンセリングを行っております。歯に関する悩み、不安、ちょっとしたことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

記事投稿日:2017年06月12日


メールでのお問い合わせ