高崎市 入れ歯 歯医者 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

高崎市 入れ歯 歯医者

高崎市の入れ歯が得意な歯医者さん

入れ歯を使用されている方にとっては、なくてはならないとても重要な体の一部になる道具の一つです。統計的に70歳を過ぎると残っている自分の歯が極端に少なくなり総入れ歯にする方も少なくありません。加齢で歯を失うという理由だけではないため50歳代で部分入れ歯を使っている方も増えております。超高齢化社会になり入れ歯や部分入れ歯などで失った機能を補填するという面において歯科医院の働きは今後ますます需要が高くなっていくように思えます。高崎市にも入れ歯を専門的に扱っている歯医者がありますが、どのようなことが期待できるのでしょうか。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯をするというのはいくつかのメリットとデメリットがあります。メリットとしては大きな欠損でも十分に治療ができるという点です。前歯が数本なくなってしまったという場合もそうですが、自分の歯がほとんどないというケースでも入れ歯によって噛む力を回復することができます。ブリッジのように健全な歯を削る必要はなく、ワイヤーなどを使って固定することが可能です。ワイヤーが見えるのが嫌だという方のために、今ではノンクラスプデンチャーという手法も行われています。インプラントと違い取り外しができるのでメンテナンスが簡単でいつでも清潔に保てるというのもメリットの一つです。

一方で入れ歯のデメリットとしては、噛む力が健康な状態と比べて30%程度になってしまうという点が挙げられます。また口の中でしっかりと固定することができないと動いてしまい、痛みを覚えることもあります。違和感がありしゃべりずらいという方は発音練習が必要になる場合もあります。また入れ歯であるということが見てわかることも多いので、コンプレックスを抱えてしまうという方もいらっしゃるようです。

お一人おひとりに最も適した入れ歯をご提案

入れ歯には以上のようなメリットやデメリットがありますが、こうした点をしっかりと受け止めて相談に乗ってくれる歯科医師が必要となります。高崎市内にも入れ歯に対応できる歯医者さんが大勢いらっしゃいます。
ひろかみ歯科医院ではヒアリングをしっかりと行うことに加えて、デンチャー王手、バルブラストデンチャー、金属床という複数の入れ歯の中から、お一人おひとりに最も適した入れ歯を提案させていただきます。

ひろかみ歯科医院と提携している歯科技工所は非常に高い技術力を誇り、付けている違和感を軽減することができる入れ歯の製作に力を入れています。保険対応の入れ歯も作ることができるので予算に限りがある方でも安心です。高崎市内にお住まいでこれから入れ歯を作りたいという方や、どんな入れ歯があるのか知りたいという方は、一度ひろかみ歯科医院にご相談ください。

記事投稿日:2017年06月13日


メールでのお問い合わせ