歯ぐきの違和感と虫歯治療 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯ぐきの違和感と虫歯治療

人気を集めている予防歯科

歯の治療は子供だけではなくて大人も嫌なもので、毎日の歯磨きをしっかりするなど予防を心掛けている方も多いですよね。でも、どんなに注意深く歯磨きをしていても磨き残しがありますし、ケア商品を使っても気づいたら虫歯が進行していたということも少なくありません。

また歯茎の違和感などを生じる歯周病も虫歯と同様に予防したいトラブルで、こうした虫歯や歯周病の影響は単に口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼすものなのですね。例えば、歯周病になると早産の確率が健康な人と比較して多くなるといった統計がありますし、歯周病が進行すると入れ歯に頼る生活になって噛む力が低下してしまうのです。そうなると好きな食べ物が思うように食べられなくなって食事が楽しめなくなりますし、噛む力が低下すると脳への刺激が減少して認知症のリスクも高くなるといわれています。

このようにたくさんのデメリットがある虫歯や歯周病などといったトラブルを、未然に防ぐのが予防歯科の大きな役割であり人気が高くなっている理由ですね。ひろかみ歯科医院でも予防歯科診察・治療が受けられるので、ひろかみ歯科で健康な歯を維持することをご家族みなさまで心掛けてみるのもおすすめです。

虫歯の状態を5つのレベルに分類して適切な治療を

虫歯が発生している場所やその状態、また歯茎の状態や患者さんの年齢などを考慮して、虫歯治療の方法や治療にかかる期間が違ってきます。虫歯になる主な原因は、食べ物などに含まれている糖分を食べて増殖する雑菌で、その菌が分泌する物質に細菌がついて増殖することで作られる歯垢ですね。

ただ早い段階で除去すれば虫歯になることはないのですが、そのままにしていると歯垢内の細菌が増殖すると共に酸を作って歯の表面を溶かし虫歯になってしまいます。虫歯の状態は5つのレベルに分類されていて、C0はまだ虫歯になっていないけど、そのままにしていると虫歯になってしまうという状態ですね。C1のレベルは初期の虫歯が現れていて虫歯治療をする必要がある状態で、部分的に小さく削ってプラスチックを詰め込むといった治療法を行います。

C2のレベルになると冷たいものが歯にしみてきますし、C3のレベルでは歯がズキズキと痛くなって、患者様も我慢できなくて歯医者を受診することになりますね。C4のレベルまで症状が進行すると歯の神経が死んで黒くなってしまうため抜歯するしかなくて、その後の治療はニーズや希望に合わせて実施されます。

ご家族みなさまがこのようなことにならないためにも、ひろかみ歯科で健康な歯を維持していきましょう。

記事投稿日:2018年03月07日


メールでのお問い合わせ