歯周病の相談と治療 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯周病の相談と治療

歯周病について

歯周病は、歯垢の中に含まれている歯周病菌がハグキに炎症を起こさせる感染症のことです。歯周病になると、まずハグキが腫れたり、歯磨きをすると出血するといった症状が出て、さらに進むとハグキが下がったり、噛むと痛いといった歯周炎の症状が出てきます。歯の表面のぬるぬるとしたものが歯垢ですが、歯垢をきれいに取らないと歯石になります。歯石が溜まると歯医者に行かないと取れなくなります。また、歯周ポケットの歯垢も歯磨きでは取り除くことができません。

歯周病が進むと歯がグラグラしてきます。これは歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまうからなんですね。また、歯茎が腫れることもあります。そうすると、物を食べた時に歯が痛みます。また、歯周病は進行していても痛みなどが出にくいため、静かな病気とも言われています。ですから歯が痛くなって歯医者に行った時には手遅れということもあります。

また、歯周病菌は腫れた歯肉から血管の中に入っていきます。歯周病菌自体は体の中で退治されますが、歯周病菌の死骸から出る内毒素が血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを阻害してしまいます。また、動脈硬化になりやすくする物質が出るので、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。ですから歯周病は口の中だけの問題ではなく、全身の健康に関係することなんですね。歯周病を予防することは健康的な生活を送る上でとても大事です。少しでも違和感を覚えたらすぐに歯医者で相談するようにしてくださいね。

歯周病の治療について

歯ブラシが届きにくいところが特に悪くなるので、治療の際は日ごろの歯磨きの方法を確認して、正しい磨き方を指導します。また、歯科衛生士が歯石や歯垢を取り除いていくと、歯肉の状態もよくなっていきます。さらに細菌を除去して歯周組織が正常な状態に戻るようにルートプレーニングも行います。咀嚼能力測定なども行います。また、歯周病は食生活とも関係していますので、食生活に関することもアドバイスさせていただきます。

毎日歯磨きをしていても、ブラシがよく届かない部分もあり、歯垢や歯石がたまりやすいので定期的に歯医者で歯石をとってもらう必要がありますね。高崎市にお住まいならひろかみ歯科で歯周病や虫歯の予防・治療ができます。ひろかみ歯科はお子さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、3世代で通える歯医者です。丁寧に診察、治療いたしますので安心してお越しください。

記事投稿日:2018年06月04日


メールでのお問い合わせ