入れ歯の相談をしたい | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

入れ歯の相談をしたい

入れ歯の種類

歯医者で作る入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。歯が一本でも残っていれば部分入れ歯になりますね。部分入れ歯にはクラスプという金属のバネが付いていて、それを残っている歯に巻き付けて入れ歯を取り付けます。また、入れ歯には保険が適用されるものと適用されないものがあります。保険が適用される入れ歯は安く作れるというメリットがあります。一方、自由診療で作る入れ歯の場合は、歯の色や形の選択肢が広いので、保険で作る場合よりも自然で審美性の高い入れ歯になります。ただし、費用は高くつきます。

自由診療による入れ歯にはチタンなどを使った金属床の入れ歯、インプラント併用の入れ歯、アタッチメントタイプの入れ歯などがあります。この入れ歯はクラスプを使用しないので、口を開けた時に金属が見えるということがありません。ノンクラスプデンチャー入れ歯
は弾力性がありクラスプも使用していません。ただ2~3年程度で作り直す必要があります。修理が難しいというデメリットもあります。マグネット式の入れ歯はマグネットが付いた入れ歯を根の上に取り付けた金属に吸着させて固定します。ただし、デメリットは対応する歯がないと使うことができません。

ひろかみ歯科の入れ歯

高崎市にお住まいで、初めて入れ歯を作るので不安がある、以前に入れ歯を作ったものの合わなくなってきたという方がおられれば、ぜひひろかみ歯科にご相談ください。当院の入れ歯はデンチャー王手と呼ばれるもので、まず仮の歯を作りそれを使用していただき、調整をしながら出来上がったものを本義歯に置き換えるというものです。義歯床は保険適用ならレジン床になり、自由診療だと金属床になります。金属床はレンジ床よりも薄いので熱さが伝わりやすいというメリットがあります。

金属床に使用する素材はチタンあるいはバイタリウムの2種類があります。チタン床の場合は軽いので入れ歯そのものも軽くなります。また、熱伝導率が低いため自然な温度が伝わります。食物の味も変わらず、耐蝕性にも優れています。また、チタンは金属イオンの溶出がわずかなのでインプラントや整形外科用にも使用されています。

バイタリウムは?コバルトクロム合金を使用しています。厚みはプラスチック義歯の約1/3でしかも細部まで強度を保てます。薄いのではめた時に違和感がなく、発話の際も自然に発声ができます。食べ物の温度も自然な形で伝わりますし、丈夫で長持ちします。

記事投稿日:2018年06月04日


メールでのお問い合わせ