インプラントが出来る歯医者 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

インプラントが出来る歯医者

インプラントとは

インプラントはインプラントを埋め込みその上から歯冠の代わりになる人工歯をかぶせるというものです。この2つを連結するためにアバットメントも使われます。インプラントは虫歯や事故などで自分の歯を失ってしまった方、義歯を入れているが周りの歯と色の違いが目立って気になるという方、ブリッジやバネに食べ物が挟まって困っているという方にピッタリです。また、義歯が合わないために何回も作り直しているという方や、食事をしている時や運動中に義歯が動いて困っているという方にもおススメです。

インプラントは健康な歯を支えとしないので、周りの歯にも負担がかかりません。外観も自分の歯と同じように作ることができます。まあ、あごの骨に固定されるのでぐらつくことがなく、自分の歯のように物を噛むことができます。

インプラント治療を始める前に

高崎市にあるひろかみ歯科でもインプラント治療を行っています。最初にカウンセリングルームで患者様のお話を伺い、ご要望に沿うように治療プランを立てます。それから診査になりますが、診査では精密検査やレントゲン写真を行い、骨の硬さ、大きさ、位置、失われた歯の数などを確認します。診査の結果に沿って、引き続き治療プランを立てていきます。それから、診査の結果をお話しして、最終的な治療方法を決めます。.

インプラントの処置

ひろかみ歯科ではノーベルダイレクト法かブローネマルクシステムによって処置をします。ノーベルダイレクト法は切開をしない方法で、1回の手術で終わります。患者様にかかる負担が少なく、痛みが少なく出血や腫れもほとんど無いというメリットがあります。手術当日から仮りの歯を入れることもできます。ただし、ノーベルダイレクト法はどなたに対してもできるというものではなく、お口の中の状態によってはできない場合もあります。

ブローネマルクシステムノーベルダイレクト法と異なり、いろいろなケースに対応できるインプラントです。手術は2回行われます。最初の手術の3~6ヶ月後に2回目の手術をします。一定の期間を置くことで、インプラントと骨の結合がしっかりします。

メンティナンス

インプラントで治療が終わってからも口の中をいつも清潔な状態にしておく必要があります。定期的に歯医者で検診を受けて、インプラントや噛み合わせ、歯肉の状態などの確認をしてもらう必要があります。メンテナンスをきちんとすれば、長く快適に使うことができます。

記事投稿日:2018年06月04日


メールでのお問い合わせ