インプラント治療専用室 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

インプラント治療専用室

1.インプラントとは?

人工関節や心臓のペースメーカーなど、体内に埋め込むシリコンを総じて「インプラント」と呼びます。歯科医院などでは、義歯治療などを指す際に「インプラント治療」と呼ぶことがあります。この治療は全ての歯医者で行っているわけではなく、環境設備などが整えられた歯科医院で行える治療です。インプラント治療を検討する際は、事前に検討している歯医者で治療が実施されているか、治療環境に衛生面などを含め不備がないか、ドクターに実績があるか、などをチェックするのがお勧めされています。ホームページや口コミなどをチェックするだけでは分かりかねる場合、事前に医院に問い合わせをして資料などをもらっておくと検討しやすいかもしれません。

2.主なインプラント治療

歯科医院で行われるインプラント治療とは、顎の骨を利用し義歯をはめ込む治療法になります。「人工歯根」と呼ばれるものを顎の骨に埋め込み、その上に歯を差し込むことで、歯の感触が顎の骨に伝わり従来の健康な歯のように感じられる治療です。歯を1本無くした場合、複数無くした場合、また全ての歯を無くした場合でも、顎の骨を利用するため自然な感覚で歯を得られる治療方法として非常に注目されています。そんなインプラント治療の中でも、「ノーベルダイレクト・インプラント」と呼ばれる療法が現在確立されており、これを採用している医院では従来のブローネマルクシステムと呼ばれるインプラント治療よりも治療期間が短く、手術回数も減らせる治療が実現できているのです。

3.インプラント治療の専用室を持つ歯科医院

群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、インプラント治療に専用室を設けて治療環境を整えています。インプラント治療を行う場合、まずカウンセリングをしっかり行い、治療後の状態や金額、治療内容など、患者さんの希望に沿えるよう相談しながら治療計画を立てます。その後、レントゲンでの咥内撮影や精密検査を重ね、治療に必要な情報(歯の硬さや大きさ、位置など)を得ます。そこから手術をするまでに再度カウンセリングを行い、得られた情報を説明し、改めて治療方針を固めていく流れです。手術日が決定したら咥内の清掃を行い手術に備え、ノーベルダイレクトなら1回、ブローネマルクシステムなら2回に分けて手術を行います。

手術後も、噛み合わせや歯肉の状態をチェックするためメンテナンスを欠かさずお願いしています。ご検討の際はぜひ一度、ひろかみ歯科医院に相談に来てみてください。

記事投稿日:2018年07月06日


メールでのお問い合わせ