虫歯予防の相談ができます | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯予防の相談ができます

1.歯医者は虫歯になってから通うもの?

歯医者って、どうしても虫歯になってから通うイメージがありますよね。実際に虫歯治療で訪れる患者さんは多いですが、虫歯や歯の病気予防のために定期健診で通っている患者さんも多く、予防専門の「予防歯科」と呼ばれる科を設立している歯医者も実は珍しくありません。予防歯科に通えば、病気を予防できるほか、虫歯など初期の段階での発見ができますし、初期段階で処置できれば患者さんの心身の負担も減らせます。そんな予防歯科で具体的にどのような診察をしているか、細かい所は医院によって異なってきますが、群馬県の高崎市にあるひろかみ歯科医院では下記のような診療を行っています。

2.PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯磨きのほとんどに含まれるのが「フッ素」という成分で、虫歯菌が生成する酸の抑制、歯の再石灰化の促進、エナメル質の強化という3つの効果を歯に対して持っています。ただ、日頃の歯磨きでは歯並びなどが原因で磨き不足が起きてしまい、歯磨きによる虫歯予防が充分に行えていない場合があるものです。特に、矯正装置やブリッジを入れている、インプラント治療を施した方などは、自分だけでのお手入れに限界を感じることが多いのではないでしょうか。

そんな中でお勧めされる治療が、PMTCと呼ばれる療法です。これは簡単に言うと「歯のクリーニング」で、歯科衛生士が専門のフッ素ジェルや器具を使用し行います。自分では磨き落としてしまう箇所、お手入れが難しい部分などでも問題なくプラーク(歯垢)を取り除き、一時的に歯がツルツルになるだけでなく、プラークが付着しにくい歯になるため、今後の予防にも繋げることが可能です。歯の着色にも効果がありますので、ぜひ一度、美容院で髪を整えてもらう感覚でこのPMTCを検討してみてください。

3.唾液検査による虫歯予防

唾液の量、唾液の中和力、虫歯菌の数を、それぞれ唾液検査によって量ることで、患者さんに適した治療・予防法を推奨することが出来ます。当院では主に「食事の摂り方」「歯磨きに使う歯磨き剤」「歯の汚れの除去」などで予防へアプローチを行っており、特に「歯の汚れの除去」に関しては先述のPMTCが当院で措置可能となっています。子供は学校での定期検診がありますが、大人は症状が悪化してから病院に来訪される方が多いですね。その場合、治療も金額も患者さんの負担が大きくなってしまう場合がありますので、痛みや症状が無くても、ぜひ健康診断の一環として予防歯科へご相談ください。

記事投稿日:2018年07月06日


メールでのお問い合わせ