歯ブラシすると出血する | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯ブラシすると出血する

歯磨きをした時に、毎回出血をする人はいませんか?
そんな時は群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院にご相談ください。

歯磨き時の出血理由とは

歯磨きをした時に出血する理由のほとんどは歯周病が原因です。
歯垢が原因で歯茎が腫れてしまい、その上から歯磨きをするので痛めやすくなっているのです。
解決方法としては、基本的に歯磨きを続けることで炎症も落ち着くので出血も収まっていきます。

しかし、炎症を収めるためとはいえ、激しい磨き方をすると余計な傷を作ってしまうだけです。
そこで、オススメしたいのは無理に歯磨きをするよりも歯科医院に通うことです。
歯周病がほとんどの原因と書きましたが、他の理由で歯茎が炎症を起こしていることもあり得ます。
歯に何かが詰まっていることで出血することもあれば、歯ブラシが合わずに出血することもあるでしょう。
他にも疲労やストレス、体調不良による出血もあるのです。

歯は単に磨いていればいいものではありません。
人間が思っている以上に、口内はとてもデリケートな場所です。
歯科医院に通うことで、何が原因なのかを明確にすることが出来ます。
そうなれば、本人も歯磨きを出血によって怖がる必要もなくなるでしょう。

歯磨きをしなければいけない理由

歯磨きをする理由は、歯の健康のためとも言われています。
そのため、歯磨きを止めると炎症が酷くなる場合もあるでしょう。
出血すると口内が痛み、そのことに不安を怯えて歯磨きをしなくなる人もいます。
しかし、歯磨きをやめることは炎症の悪化を促してしまうのでやめましょう。
近年は液体歯磨きなどもありますが、やはり歯ブラシで歯茎を刺激することで健康的な歯肉へと変化していくので、ハブラシによる歯磨きはやめないようにしてください。

出血の理由によって対処法が異なる

出血の原因が歯周病や被せもの、詰め物が原因だった場合は、歯磨きでは治りません。
放置しておくことで余計に酷くなることもあるので、痛みや出血を感じたら歯科医院に通いましょう。
歯を大事にしていたかどうかは、年齢を重ねた時に分かると言います。
将来、自分のために歯が働いてくれるかは、どれだけ自分が歯を労わってきたかで分かるのです。
異常を感じた時には、すぐ歯科医院に赴き、治療をしてもらいましょう。

歯の異常は突然やってきます。
だからこそ「かかりつけの歯医者さん」を作っておくと、治療もスムーズにいきます。
治療履歴もすぐに見られるため、それぞれに合った治療方法を提供出来るのもメリットです。
歯は自然に治ることはないので、ぜひかかりつけの歯科医院を作ることを検討してみてください。

記事投稿日:2018年08月09日


メールでのお問い合わせ