お口のトラブル・口内炎 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

お口のトラブル・口内炎

口内炎が出来ると、痛んだり沁みたりします。
悪化してしまうと、食事や会話さえもつらいと感じることがあるのが口内炎です。

口内炎は口の中、その周辺の粘膜に起こる炎症のことを指します。
一般的には頬の内側に発生する炎症であり、そのほとんどが痛みを伴うために悩まされている人も多いのではないでしょうか。

口内炎の症状は重症度によって異なる

症状は軽度の痛みや腫れ、重度のただれや出血など、人によって症状もさまざまです。
しかも、口内炎は頬の内側だけに出来るのではなく、広範囲に渡って炎症が起こります。
そのため、痛みが生じている場合は我慢出来ないほどのものに苛まれる人もいるでしょう。

口内炎は触れることで激痛が走ることもあり、食事などもままならなくなることがあります。
その結果、口内炎が原因で体調不良、ストレスを溜めてしまうなどの二次被害を及ぼすことも少なくありません。

口内炎の原因とは

口内炎は生活習慣の乱れが原因になります。
仕事が忙しくて食生活や食生活が乱れることで、口内環境を悪くしてしまうのです。
普段であれば問題ないものでも、抵抗力や口内の粘膜が弱ってしまうことで口内炎を引き起こします。
そのため、口内炎が出来てしまった場合は生活習慣や食生活が乱れていないかを見直してみましょう。

生活習慣や食生活の乱れがない場合、体調不良や薬の副作用によって口内炎が引き起こされることもあります。
口内環境を整えるのは、ビタミンB群が良いと期待されています。
逆にビタミンB群が足りない状態では、細菌の影響を受けやすくなる傾向があり、口内炎などさまざまなものを引き起こすとされているのです。
もちろん、個人差があるのですべての人に適用されるわけではありません。

ストレスが溜まりすぎて口内炎になることもある

ストレスが溜まりすぎている場合も口内炎や体調不良の原因になります。
仕事やプライベートでストレスが溜まっている人は、リフレッシュする時間を作るようにしましょう。

しかし、口内炎のことを相談するなら歯科医院がおすすめです。
群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、口内炎の相談などにも対応しています。
歯や口内の専門知識を持つスタッフや歯科医が原因や改善策を提供します。
口内炎がなかなか治らない人、クセになったかのように頻繁に出来てしまう人はぜひ当院までご相談ください。
必ず改善するとは言い切れませんが、口内炎の治療のために最善を尽くさせて頂きます。
歯や口内のことは専門家に相談するのが一番ですから、放置して長く苦しむより、歯科医にご相談ください。

記事投稿日:2018年08月09日


メールでのお問い合わせ