歯肉・歯茎が腫れる | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯肉・歯茎が腫れる

歯茎が腫れて、舌で触るとぶよぶよしていることはありませんか?
これは歯肉や歯茎の腫れを放置してしまった結果、ぶよぶよになってしまっているのです。

歯肉や歯茎が腫れる場所

主に歯肉や歯茎が腫れるのは、奥歯周辺だと言われています。
その理由として、細菌、歯肉炎や歯周炎、親知らずによる細菌感染、歯茎の腫瘍、最後に薬による影響というものがあります。薬によって歯茎や歯肉が腫れるのは、高血圧の薬などが該当します。ただ、副作用は人によってまったく感じない場合もあるので、これらも必ず起こるわけではありません。

腫れた時の応急処置は、患部を冷やすことです。腫れるということは炎症を起こしているので、外から氷のうなどで冷やすことで痛みを軽減出来る場合があります。他には痛み止めの服用もひとつの対処法です。ただし、強い痛み止めの場合は胃に影響を及ぼすこともあるので注意してください。

腫れた時の対象法とは

一番良い方法は、歯科医院で診てもらうことです。患部を診てもらうことで、腫れている部分に溜まっている膿を出してもらえたり、歯科医院で薬を処方してもらえることもあります。腫れているのだから、収まるまで自分で対処しようとはあまり考えないようにしましょう。炎症は早めに収まることもあれば、長引く場合もあります。自分のみで対処した結果、悪化することもあれば、歯肉や歯茎の腫れが慢性化する可能性もあるからです。

他の病気などでも同じことが言えますが、素人療法が一番怖いものです。きちんと専門の知識を持つ歯科医に診てもらうのが完治への第一歩となるのではないでしょうか。
基本的なことは歯科医から説明を受けられますが、日常生活でも腫れに関する対応を間違えないようにしましょう。

歯磨きの力が強すぎる場合に傷つけていることもある

歯肉や歯茎の腫れの場合、歯磨きをしている力が強すぎるということも考えられます。そのため、一定の力で磨き続ける電動歯ブラシを使うのもおすすめです。電動歯ブラシは短時間ながらしっかりと負担なく磨けるので愛用している人も多いでしょう。歯科医に相談すると、良い電動歯ブラシなどを教えてくれる場合もあります。

他に日常的に気を付けることと言えば、食後に口をゆすぐ習慣をつけることです。口内に食べかすなどが残っていると細菌を繁殖させてしまう原因になり、歯周病などのリスクも高まってきます。もし歯の悩みを持っているのであれば、群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院までご相談ください。さまざまな悩みに対応しているので、患者さまに合ったものをアドバイスします。

記事投稿日:2018年08月09日


メールでのお問い合わせ