バリアフリーの歯医者さん | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

バリアフリーの歯医者さん

年齢を重ねることで動かしにくくなった体でも移動ができるように。
車椅子の人の移動を妨げないつくりに。
小さな子どもでも無理をせずに移動ができるように。

バリアフリーにはさまざまなポイントがあるかと思います。

ひろかみ歯科医院のバリアフリー

広いスペースをとった予防センターや診療室、特別診療室は、車椅子や杖をついた患者さんでも余裕を持った移動ができるように配慮してあります。
また、車椅子用のスロープも用意しているため、車椅子を降りることなく院内へ入ることが可能です。
車椅子用スロープは常設ではありませんが、声をかけていただければすぐにお出しできます。
このような声かけを気軽にしていただける雰囲気づくりにも努めています。
予防も含め、治療後に当院でのメンテナンスを20年以上続けている患者さんもいらっしゃるんですよ。

バリアフリーの歯医者さん、とは

ひろかみ歯科医院では、バリアフリーの意味を広く捉え、施設の利便性を上げることはもちろん、患者さんの心の壁を取り払って、なんでも相談してもらえるような雰囲気作りにも力を入れていきたいと考えています。
歯科医だけではなく、病院での治療には不安がいっぱいで、医師に診てもらっているという安心感よりも不安が上回るといったケースのほうが多いでしょう。
そんな不安を抱えた患者さんが、その気持ちを素直に打ち明けられるような雰囲気…難しいかもしれませんが、わたしたちが目指すのは心も施設もバリアフリーの、本当の意味で患者さんに優しい歯医者さんなのです。

群馬県・高崎市で「町の歯医者さんならひろかみ歯科医院さん」と呼ばれることを目指し、ただ歯の治療をおこなうだけではなく、患者さんの居心地の良さや相談のしやすさ、通いやすさなども考えていますが、まだ足りない部分もあるかもしれませんね。
そのようなときにも、ぜひ、お気軽に意見をいただければ幸いです。
施設のバリアフリー化と心のバリアフリー化、2つの意味でのバリアフリーを強化し、居心地の良い環境で最高の治療を…。
そんな夢を、わたしたちと患者さんとで、達成できれば良いなと考えています。

歯に関するどんな小さな不安、悩みでも、ぜひひろかみ歯科医院スタッフまでお気軽に声をおかけください。
患者さんの声にきちんと耳を傾けることのできる歯医者さんをこれからも目指していきます。

記事投稿日:2018年09月06日


メールでのお問い合わせ