妊娠中の虫歯治療 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

妊娠中の虫歯治療

妊娠中の虫歯治療について

赤ちゃんが産まれた後少なくとも2~3か月は、お母さんは赤ちゃんにつきっきりで、ゆっくり時間を取ることがなかなか難しい時期です。このためお母さん本人のケアがまともにできなくなってしまうので、出産後に虫歯になってしまう人も多いようです。虫歯がある人も無い人も、出産までにお口の中の状態を完璧にして、赤ちゃんを迎えたいですよね。でも、妊娠中に虫歯の治療はできるのでしょうか?答えはイエスです。もちろん妊婦さんそれぞれの状況にもよりますので、主治医と相談しながら進めましょう。

しかしむしろ、既に虫歯がある人なら妊娠中に処置しておかないと、出産後はゆっくり治療に取り組めないため、悪化してしまい歯を失ってしまう事にもなりかねません。ぜひ妊娠中に歯医者さんに相談してみましょう。でも、おすすめはできれば安定期を過ぎた妊娠中期までです。後期になると急激にお腹が大きく、重くなるため仰向けで長い時間横になることがきつくなりますし、臨月を迎えると外出も大変で心配ですよね。体調次第ですが、比較的安定していて、お腹もそこまで大きくない中期までに、歯医者さんと相談をしてスケジュールを組み立てながら、虫歯治療をコンプリートしておきましょう。もちろん予防のためにもメンテンナンスに通っておくことをおすすめします。

妊婦さんでも心配なく治療ができます

群馬県の高崎市近辺にお住まいであれば、ひろかみ歯科医院にぜひご相談ください。郊外型のゆったりとした敷地に自然豊かな環境で、心も身体も落ち着く空間です。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで安心して、3世代に対応している歯科医院なので、赤ちゃんが産まれてからも一緒にずっと通えるのも嬉しいですよね。また、歯医者さんの雰囲気や機械の音がどうしても苦手、という人もいると思います。不安な気持ちやドキドキした気持ちで歯医者さんに来なければならないと、足も遠のいてしまいます。

こちらではご希望の方にはバッチフラワーレメディーを治療支援として取り入れており、リラックスした気分で治療を受けることも可能です。バッチフラワーレメディーはお薬ではなく、花の力を借りて不安や恐怖を取り除くエッセンス(お水)なので、もちろん副作用もありません。妊娠中は何かと気持ちが不安定になったりすることがあるものです。虫歯治療も、気持ちを安らかにしてやってもらいたいですよね。ぜひ気持ちの面も含めて、一度ご相談くださいね。

記事投稿日:2018年10月04日


メールでのお問い合わせ