噛み合わせが悪いと虫歯の原因に? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

噛み合わせが悪いと虫歯の原因に?

歯並び・噛み合わせはきれいですか?

自分の歯に自信があります!と言える人は、どのくらいいるでしょうか。歯並びが悪い・噛み合わせが悪いことを気にしている人ってけっこう多いですよね。でも見た目がちょっと悪いだけで不便はしていないから…と、そのままにしていませんか。普通に暮らしていて不便はしないかもしれませんが、身体にとってよくないですよ。実は歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯の原因になります。虫歯以外にも歯周病の原因にもなるので注意してくださいね。

なぜ虫歯の原因になるの?

では、なぜ歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯の原因になるか勉強していきましょう。まずは歯磨きがしにくくなることです。歯並びが悪いことで歯がデコボコしていると、磨き残しが出てしまいます。歯の隙間に食べかすが残ってしまって、結果虫歯になりやすくなるというわけですね。そして噛み合わせが悪いと、口が開きっぱなしになってしまうこともあります。そうなると口の中が乾燥してしまいますよね。口の中が乾燥してしまうと、唾液がなくなってしまうのです。唾液は虫歯や歯周病を防ぐ、大切な役割があります。そのため、噛み合わせが悪いと唾液がなくなって、虫歯だけでなく歯周病の原因にまでなってしまうのですね。もっと詳しく見ていくと、噛み合わせが悪いと食べ物を咀嚼する力も弱くなり、胃腸に負担をかけやすくなってしまいますよ。このように、歯並びや噛み合わせが悪いということは、見た目以外にも虫歯や歯周病になりやすくなるという様々なデメリットがあることを覚えておきましょう。

歯並びや噛み合わせを綺麗にする方法

歯並びと噛み合わせは、矯正治療を受けることで改善することができます。しかし矯正治療は高額な治療費がかかることや、治療時間も長くかかるというデメリットもあり躊躇してしまう人もいるでしょう。そこでまずは、信頼できる歯科医院に相談するところから始めてもいいですね。どこの歯科医院でも虫歯にならないように、歯磨きの仕方を指導したり虫歯になる前に検診を受ける予防歯科を受けることはできます。群馬県高崎市内でも、多くの歯科医院で予防歯科は診療可能です。ひろかみ歯科医院では予防センターを併設しています。虫歯になる前に予防することで、治療に取られる費用や時間も削減できるでしょう。歯並びや噛み合わせが悪いから、全ての人が虫歯になるわけではありません。しっかり予防できれば、リスクを減らせるので早めにプロに相談してみましょう。

記事投稿日:2018年10月30日


メールでのお問い合わせ