歯茎の病気にはどんなものがありますか | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯茎の病気にはどんなものがありますか

歯茎の病気といえばコレ

歯茎の病気と言えば、誰もが「歯周病」を思い浮かべるでしょう。そうです、歯周病も歯茎の病気です。そして実は20歳以上の成人の8割が歯周病にかかっていると言われています。それくらいとても身近な病気と言っていいでしょう。歯周病は名前は有名ですが、どのような病気かわからない方も多いものです。まず症状としては、歯茎から血が出る・歯茎が腫れている・ムズムズするなどの違和感がある・口の中のねばつきが気になる・歯がグラグラする・歯茎を押すと血や膿がでる。これらのことが一般的なものとされています。心当たりがある方も多いでしょう。ちなみに歯周病の症状については、段階によって差が出てきます。歯茎から膿が出てくると「歯槽膿漏」と名を変えますが、歯槽膿漏はだいぶ症状が進行してから気づく人も多いので、日ごろから注意して歯茎の状態を確認しておくことが大切です。

歯周病以外の歯茎の病気

歯周病以外にも歯茎の病気はあります。例えば「歯根嚢胞」です。症状は歯周病のように歯茎が腫れるのですが、歯の根っこに膿が溜まって腫れるのが特徴と言えます。原因は歯の深くまで虫歯が進行していると、歯の根っこまで細菌が侵食してしまうこと。また、歯の神経を抜いたときにも歯根嚢胞になることがありますね。歯周病だと思っていたら、実は歯根嚢胞だったという場合もありますので、歯茎が腫れて物を噛むと痛いときには早めに歯科医院へご相談ください。また顎骨骨髄炎という病気もあります。こちらも歯茎がかなり腫れますし、高熱や顎の痛みもあるので歯周病ではないと気づきやすいでしょう。虫歯や歯周病が悪化したことでなる病気ですので、高熱が出て歯茎が腫れている・顎も痛いという症状があればこの病気かもしれませんね。他にも歯茎の病気はたくさんありますので、歯茎の腫れ・出血などがあれば早めに歯科医院で診てもらいましょう。

治療すれば治るの?

歯茎の病気は歯科医院へ早めに来院を、というのが当たり前のように言われていますが、治療すれば治る病気なのでしょうか。ちなみに成人の8割がかかっていると言われる歯周病は、治療すれば治ります。治療方法はその人の歯周病の進行具合などによっても変わりますが、レーザー治療や正しいブラッシングをするなどで十分に治療が可能です。群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、予防センターで正しいブラッシングを教えてもらうことができますよ。他の歯茎の病気についても治療法がありますので、できるだけ早めに治療を開始して治していきましょう。

記事投稿日:2018年10月30日


メールでのお問い合わせ