歯が健康だと身体も元気 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯が健康だと身体も元気

皆さんにとって大切なものはなんですか?家族?お金?仕事?…どれも大切ですが、生活を楽しむためには何よりも自分や家族の健康が大切ではないでしょうか。実は、体の健康とお口の健康は、大きく関係しています。今回は、体とお口の健康についてのお話です。

命の源は?

私たちの命を支えている、命の源ともいえるべきものはなんでしょうか?水、酸素、そして食事です。野生動物は歯がなくなると餌を食べることができずに死んでしまいます。つまり生き物にとって、「食べること=命」を意味します。さて、食事を楽しむためには“歯”が必要です。ところが、加齢とともに、自分の歯は年々少なくなっていきます。日本歯科医師会が推進している「8020運動」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。これは、80歳になったとき、自分の歯が20本を目標にしようというプロジェクトです。実際、自分の歯が80歳になったときにどれくらい残っているか、ご存知でしょうか。平均わずか6.78本です。たった6、7本しか自分の歯がないのです。

しっかり噛んで食事できないと、認知症にかかるリスクが高まります。また、自分の歯がないと、硬いものが食べられなくなり、食事の楽しみが軽減します。食事が楽しめなければ栄養バランスが偏り、免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。ですから、口内ケアをきちんとして、自分の歯を保つように心がけましょう。

歯と健康

歯を失うおもな原因は歯周病と虫歯です。特に、歯周病はさまざまな病気のもとになります。歯周病は、歯垢の中の細菌が炎症を引き起こす病気です。歯周病を引き起こす細菌が血液に入り込むと、血管を通って体の臓器に運ばれます。すると、心筋梗塞、狭心症、動脈硬化、肺炎などの病気を引き起こすことがあります。時には死に至る恐ろしい病気です。また、糖尿病を悪化させたり、妊娠中の女性の場合は早産の原因になることさえあるのです。

お口の健康を保つには、予防歯科が重要です。虫歯や歯周病を防ぐために、定期的に歯科医院を受診して、定期健診を受けることをおすすめします。特に、日本人の約8割は歯周病だと言われていますから、定期的に歯垢を除去して、歯垢の中の原因菌をなくしましょう。自分で歯を磨いても、奥歯やブラシの届きにくい部分にはどうしても歯垢がたまりやすくなってしまいます。群馬県高崎市にお住まいの方は、ぜひひろかみ歯科へご相談ください。お口の健康をサポートいたします。

記事投稿日:2018年12月06日


メールでのお問い合わせ