虫歯にならないためのケア | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯にならないためのケア

歯磨きを欠かさないのに虫歯になりやすい人もいれば、あまり熱心に歯を磨かないのに虫歯になりにくい人もいます。つまり、歯磨きだけでは虫歯予防はできないということです。虫歯の原因を知って、虫歯にならないための方法を考えましょう。

虫歯の原因はミュータンス菌?

虫歯になる原因は、ミュータンス菌いわゆる虫歯菌です。ところが、このミュータンス菌の量は個人差があります。生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていません。成長過程で、親や祖父母、兄姉など身近な人からミュータンス菌をもらってしまうために虫歯になります。ミュータンス菌の量は、唾液検査で分かります。ミュータンス菌の量が多いのであれば、フッ素が入ったジェルを使って行うクリーニングがおすすめです。歯ブラシの届きにくい部分、磨きにくい部分のプラーク(歯垢)を取り除き、ミュータンス菌の繁殖を予防します。

唾液量が少ないと虫歯になる?

虫歯と唾液には深い関係があります。虫歯の原因はミュータンス菌ですが、ミュータンス菌は食べものに含まれている糖を取り込んで、かわりに酸を出します。その酸が歯を溶かして虫歯になります。ところが、唾液の量が多いと、酸が中和されるため虫歯になりにくくなります。ですから唾液量が多い人は虫歯になりにくいのです。唾液の量が少ない人は、マッサージをして唾液腺を刺激したり、食事の際にはよく噛むようにしたり、キシリトール入りのガムを噛んだりして唾液量を増やす努力をするとよいでしょう。
おやつと虫歯

お子さんの虫歯を防ぐために、おやつを工夫してみることができます。糖分が多く含まれるお菓子は、ミュータンス菌のエサになり、虫歯の原因になります。また、子供たちの大好きなポテトチップスやクッキーなどは歯につきやすく、長くお口にとどまります。おやつを食べた後は、歯磨きすることや、お水や麦茶など糖分の入っていない飲み物を飲んでお口の中に残った食べ物を流すことを心掛けると良いでしょう。

また、おやつには、市販のお菓子よりも果物、おせんべいや酢昆布などよく噛むものを与えるのもおすすめです。子供の食事は、ハンバーグ、カレー、スパゲッティ、グラタンなど、あまり噛まなくても食べられるものが多くなりがちです。咀嚼することで唾液量が増えて虫歯を予防できますし、強いあごを作ることができます。群馬県高崎市のひろかみ歯科では、虫歯予防にも力を入れています。お子さんのお口のケアで疑問などあればなんでもご相談ください。

記事投稿日:2018年12月06日


メールでのお問い合わせ