口臭予防 歯周病予防ができます | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

口臭予防 歯周病予防ができます

大人の虫歯は、進行に気がつきにくいことがあります。ですから、痛みを感じた時には相当悪化しているケースが少なくありません。虫歯になってから歯医者さんに行くよりも、予防のために通うほうが、自分の歯にとってはずっと良いことですし、治療に伴うストレスが少なくてすみます。ですから、歯科医が苦手という人にこそ、メンテナンスをおすすめします。

メンテナンスが大切

車好きな人は、定期点検に出し、洗車し、オイルやバッテリーなどを定期的に検査したり、交換したりします。メンテナンスを怠ると不具合が出ることを知っているからです。歯や歯茎も同じです。定期的にメンテナンスをしていれば大きなトラブルを避けることができます。もし虫歯や歯周病があっても、初期ならば簡単な治療ですみます。

PMTCというメンテナンス

群馬県高崎市のひろかみ歯科では、PMTC、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングというお口のメンテナンスを行っています。簡単にいえば、歯のクリーニングのようなものです。普段、どんなに歯磨きをしていても、歯ブラシが届きにくい場所というのはあります。奥歯、利き手の犬歯、歯と歯茎の間などは、磨き残しの多い部分です。

PMTCは、歯科衛生士がフッ素の入ったジェルを使って、歯垢を取り除く作業です。歯垢(プラーク)の塊があると、歯垢の中の細菌が炎症を起こして歯周病の原因になります。歯垢を取り除くだけでなく、PMTCを行うと、歯垢がつきにくくなります。ですから、虫歯や歯周病を予防することができるのです。

特に、インプラントやブリッジ治療を受けた方、矯正器具を使っている方などは、その部分に歯垢がたまりやすくなったり、着色汚れがつきやすくなるので、定期的にPMTCを行うようにおすすめします。お口の健康は体と心の健康にも寄与しますから、ご家族で定期的にメンテナンスをされるとよいでしょう。

口臭はハラスメントになる

口臭は自分では気づきにくく、家族でさえも、はっきりとは指摘しづらいものです。家族や職場で、公共の乗り物などで迷惑をかけないために、お口のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。歯磨きだけでは口臭を防ぎきれないことがあります。歯垢がたまっていると細菌が繁殖して臭いやすくなります。PMTCは、歯垢を除去して細菌がいなくなることで、お口の健康を守るだけでなく、口臭予防にもなります。エチケットの一つとしてケアしてみるのはいかがでしょうか。

記事投稿日:2018年12月06日


メールでのお問い合わせ