オーラルケアの意識が高まっています | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

オーラルケアの意識が高まっています

オーラルケアは普段から

いつまでも健康な歯を維持するためには、普段から口内環境を清潔に保つためのオーラルケアが必要不可欠ですよね。毎日朝晩の歯磨きもオーラルケアですし、歯間ブラシを使ったり電動歯ブラシを使うのもおすすめです。お口の中を清潔に保つためのオーラルケアには、自宅でできるものと歯科医院で受けていただけるものがあることはご存知ですか?

自宅でできるオーラルケアとは?

自宅でできるオーラルケアは、まず朝晩の歯磨き、歯間ブラシや歯間クリーナーを使った歯間ケア、マウスウォッシュ(洗口液)などがあります。こうした日常的なケアを怠ると、口臭がひどくなったり、歯が全体的に黄ばんでしまったり、口の中がネバネバするなど、社会生活にも影響を及ぼしてしまうような症状が起こりやすくなってしまいます。こうした症状は口内環境が劣悪になっているサインで、改善しなければ歯の表面や歯間に歯垢や歯石がつきやすくなりますし、歯茎が腫れたり出血するなどの事態にもなりかねません。

歯科医院で行うオーラルケアとは?

自分で毎日歯磨きをしてお口の中を清潔にしているつもりでも、口内の細菌や歯周病菌を100%除去できるわけではありません。そのため、6か月~1年に1度の割合で、歯科医院でプロのオーラルケアを受ける事をおススメしております。歯科医院で行うオーラルケアには、虫歯や歯周病のチェック、歯垢や歯石の除去を含むクリーニング、などがあります。こうしたクリーニングは健康保険が適用できるので、患者様にかかる金銭的な負担もそれほどかかりません。

オーラルケアをする事で何が変わるの?

自宅でのケア、そして定期的に来院していただいて行う歯科医院でのオーラルケアを継続していただくと、口内環境を常に清潔に保つことができるだけでなく、口内疾患の予防にもつながります。歯垢を放置すると歯石に変わり、歯石はやがて虫歯の原因となってしまいますし、歯周病にかかると歯茎が弱くなってしまい、最悪の場合には自分の歯を失ってしまうリスクもあります。そのため、オーラルケアは疾患予防と同時に、疾患が発生した時には早期発見するという目的で行うわけですね。

オーラルケアをすると、社会生活でもプラスのメリットがありますよ。例えば、他人と近距離でのコミュニケーションでも、自分の口臭が他人を不快にしているのではないかと心配する必要がなくなります。また、白く美しい歯は堂々とした自分をアピールする魅力にもなるため、自信がついて笑顔が増える事間違いなしでしょう。

当院は、群馬県高崎市にございます。お近くの患者様は、ぜひお気軽に来院してください。

記事投稿日:2019年01月15日


メールでのお問い合わせ