歯垢・歯石を放置すると・・・ | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯垢・歯石を放置すると・・・

放置すると怖い歯垢と歯石

毎日の歯磨きが上手にできないと、歯の表面や歯間に、ネバネバしたプラークと呼ばれる歯垢がつきやすくなります。これは、お口の中に常在している細菌の塊で、歯磨きをしてあげることによってきれいに取り除くことができます。この歯垢を放置すると、細菌の死骸や食べかすなどが唾液の中に含まれているカルシウム成分を結び付き、硬いざらざらとした塊になります。これが、歯石と呼ばれるものです。歯石になってしまうと、歯磨きをしても除去することができないため、歯科医院でクリーニングを受けなければいけません。

この歯石を放置すると、さらにひどい状態になってしまいます。虫歯や歯周病の原因になってしまうことは多いですし、歯石が黒く変色してしまうこともあります。そうなると、もう自宅でどんなオーラルケアをしても、お口の中の衛生的な環境を取り戻すことはできません。この場合には、歯科医院で適切な治療を受ける事が必要になるので、通院していただくことになってしまいます。

歯石を作らないためにはどうすればよい?

歯石は歯垢が原因で作られるため、歯石を作らないためには、毎日朝と晩にシッカリ歯磨きをする習慣をつけることが大切です。歯垢が歯石に変わる時間はわずか48時間と言われているので、ウッカリ歯磨きを忘れてしまう生活をしていると、歯垢はあっという間に歯石と変わってしまいます。注意したいものですね。

歯石は、歯の表面だけではなくて歯間にも作られます。そのため、普段のオーラルケアでは、歯磨きをする際に歯の表面だけではなく、専用のブラシやクリーナーを使って歯間まできちんと磨く習慣をつけることが大切ですね。自分ではどうしても歯ブラシが届きにくい部分もありますから、定期的に歯科医院でクリーニングを受ける事もおすすめです。

歯並びが良くないと歯石が作られやすい

歯並びと歯石のできやすさには、関係があります。八重歯などがあったり、歯が前後に重なっているなど、歯並びでお悩みの患者さんはたくさんいますよね。こうした歯並びが良くない部分については、どうしても歯ブラシが届きにくくなってしまうので、歯石は作られやすくなるという特徴があります。場合によっては、定期的な歯科医院でのクリーニングだけでは歯石を予防出来ないということもあるため、歯列矯正なども含めたオーラルケアを検討することも、良いかもしれませんね。

当院は、歯科治療はもちろん、予防歯科や歯列矯正なども提案させていただいております。群馬県高崎市に院がございますので、足を運びやすい地域の患者様は、歯科に関する悩みならどのようなことでも当院までお気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年01月15日


メールでのお問い合わせ