虫歯治療で痛い思いをしないためには | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯治療で痛い思いをしないためには

虫歯にもいろいろなステージがあります

虫歯と言っても、浅い虫歯からかなり深い部分まで進行しているものまで、いくつかのステージがあります。進行がひどければひどいほど、治療の際には深く削らなければいけませんし、場合によっては歯の神経にも治療を施さなければいけません。

できたばかりの初期の虫歯は、歯の表面部分だけにできている虫歯で、この段階では歯を削ることなく虫歯ができにくい環境づくりをするという治療方法が可能です。一度削ってしまうと、やり直しをする際にはさらに大きく削らなければいけませんよね。そのため、ごく初期の虫歯なら、フッ素を使って削らない治療が可能なのです。

歯の表面にできた虫歯は、早い段階で治療をしなければ少しずつ浸透して、歯の内側にある象牙質まで届いてしまいます。神経に到達しなければ痛みを感じることはありませんが、歯に透明感がないとか、なんとなく黒っぽく見えるという場合には、虫歯の可能性が高いですね。この場合には、最小限のエリアで歯を削り、粘土のように柔らかいプラスチック素材を詰めることになります。

もっと虫歯が進行して神経の近くに到達してしまうと、虫歯による痛みを感じ、自覚症状が出るようになります。こうなってしまう前に歯科医院で治療を受けていただくことが理想的なのですが、痛みが出てしまってからでも治療法はあるので安心してくださいね。この場合には、神経に入り込んでいる虫歯菌を殺菌した上で、できるだけ神経を残した治療を行うのが一般的です。セラミックや銀歯などで部分的に歯を覆う治療法が選択されます。

虫歯がさらに進行して神経にもダメージを与えてしまうと、残念ながら歯を再生することは難しくなってしまいます。この場合、歯の根っこを治療する根幹治療、それでも治らない歯根嚢胞の場合には、歯根端切除術などが必要となります。

虫歯治療が好きな人はいない

歯科医院は、虫歯になってからくる場所だと思っている患者様は、少なくありません。確かに、歯科医院では虫歯治療も行っていますが、虫歯の治療が好きという患者様はいませんよね。そのため、歯科医院は虫歯になったら行く場所だと思い込んでしまうと、歯科医院に行くこと自体がストレスとなってしまうかもしれません。

群馬県高崎市にございます当院では、虫歯治療で痛い思いをしないための予防治療に力を入れております。定期的なクリーニングを始め、口内環境でトラブルを抱えている患者様に対しては、適切な治療方法を提案させていただいております。普段からお口の中の健康診断を受けていれば、虫歯を見つけても早期に対応することができ、痛い治療をする必要がありません。

記事投稿日:2019年01月15日


メールでのお問い合わせ