虫歯も早期発見・早期治療 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯も早期発見・早期治療

大人の虫歯と子供の虫歯には違いがあります。子供の虫歯は範囲が狭く、深いのが特徴です。そのために痛みが出やすいので、早期発見が可能ですよ。痛みを訴えれば、母親が治療に連れていくので、悪化しにくいともいえますね。それに対して大人の虫歯は、広くて浅いのが特徴です。
それは、歯茎が年齢とともに下がり、その部分に食べ物のカス等がつまり、虫歯になるのです。広くて浅いので痛みを感じるまでに時間がかかるりますね。虫歯に進行には段階があります。
まずはエナメル質に虫歯ができます。次にそれを放置すると象牙質に虫歯がおよびます。次に神経まで虫歯の菌が侵食すると痛みがでてくるのです。この進行具合により治療の方法も異なってきますね。
エナメル質の虫歯の初期段階であれば、歯は光沢がなくなり、黄色くなったり、白濁したりしていますね。虫歯になる1歩手前の段階です。この段階であれば、歯を削ったり、抜いたりしなくても歯磨きなどの生活習慣の修正などで自然治癒も期待できる段階ですよ。定期的に歯科に通い歯石除去などを行ってもらっていると発見できる段階ですね。この早期発見が重要になります。

次の段階はエナメル質に虫歯ができている段階です。これは削るなどの治療を行い、詰め物などで治療しますよ。次は象牙質に虫歯ができる段階です。虫歯を削り、詰め物や被せ物で治療します。神経が近いので、治療時に痛みを感じるため、麻酔などを使用します。その次の段階は神経まで到達した段階です。
何もしないでも痛みを感じたり、歯肉の腫れを蝕知する段階ですね。この時には根治治療を行います。そして神経が死んで痛みを感じない段階です。あるいは歯肉部分に膿ができ、激痛を感じることがあります。表面に見えている部分は歯の一部が残っているときもあります。この時には神経を抜く治療をします。

虫歯をほおっておくとだんだん奥の方に侵食していきますよ。その菌は歯だけにとどまらず、他の臓器にも影響を与えることになりますね。歯の治療を放置してなりやすい病気には副鼻腔炎が挙げられます。上顎の上には副鼻腔があるので、歯の菌がそこに侵食すると炎症を起こすのです。また、歯の菌が顎に及ぶこともありますよ。またさらに血液に侵食してしまうと菌血症などになり、全身の血液に影響を与えることになってしまいますね。

早期発見、早期治療をすることで歯を削ることも少なく、また痛みを感じることも最小限度で納めることができるのです。早めの受診をお勧めいたします。ひろかみ歯科医院は群馬県高崎市にあります。三世代一緒に通える歯医者さんです。ぜひご相談ください。

記事投稿日:2019年02月07日


メールでのお問い合わせ