歯医者が苦手な人ほど定期健診を! | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯医者が苦手な人ほど定期健診を!

歯科の定期健診は必要

歯医者にいくことが極端に苦手な人がいますね。その方々が口をそろえて、あの機械で削る音が苦手ですといわれます。また、歯医者を行くことを先延ばしにする人は少しくらい痛くても我慢してしまうのです。我慢しているうちに虫歯の最近はエナメル質から、象牙質、神経へと侵食してしまうんですよ、神経にたどりついたとき、我慢できない痛みを感じて、歯医者を訪問されます。
歯医者を訪問したときに待っているのは、痛い治療なので、また歯医者にいくことが苦手になってしまいますね。そのような方は歯科の定期健診を受けていると虫歯などの早期発見ができます。早期発見をすることで虫歯前段階で発見することができるので、歯石の除去や歯磨きの指導などで自然治癒の段階で納めることもできるのです。

定期健診の内容

歯の定期健診では、虫歯や歯茎のチェック、ブラッシングの指導やプラークを見つけ除去してくれます。それ以外にもかみ合わせが悪いとプラークがたまりやすくなりますので、かみ合わせのチェックなども行ってきますね。
定期健診では歯の疾患がなければ、自費になりますが、歯茎の炎症や歯石が媚びり浮いていたりすると保険の対象になります。できれば半年にから1年に1回は歯科を訪問し、定期健診を受けたいものですね。

予防歯科の概念が大切です。

80歳になってご自身の歯が何本残っていると予想されますか?日本人の残存歯はとても少なく、平均では9.8本です。スウェーデンでは20本、アメリカでは10本です。
高齢になってもご自身の歯で食事を召し上がることは大切ですね。入れ歯にするとどうしても上顎をプラスチックや金属で覆ってしまうので、食べ物の温度や食感がかけてしまいます。食べ物をおいしいと感じるのは、匂いと食感と味がミックスされて感じます。そのため、温度や食感が感じにくくなるとせっかくのおいしい食べ物も味がはっきりしなくなりますね。
高齢者の方で、甘いものしか食べることができない方もおられます。それほどにご自身の歯で食事できるほど楽しいことはないのです。あるいは、総入れ歯でも、なるべく自分の歯に近い形で作ることが大切になってきますね。まずは予防が大切です。歯医者にいくことが苦手の理由は人それぞれですが、将来的な歯の残存数やその時の食事がおいしくいただけるかどうか、あるいは歯からくる全身状態のことを考えると、苦手だからと片づけるわけにはいきませんね。
ひろかみ歯科医院では群馬県高崎市の地域の皆様の歯の健康のために予防センターを開設しています。

記事投稿日:2019年02月07日


メールでのお問い合わせ