ストレスと虫歯の関係 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

ストレスと虫歯の関係

ストレスと虫歯の関係

歯磨きは毎日しているのに、虫歯になっている方がおられますね。潜在的なストレスを考えることが必要ですよ。ストレスを感じると身体の中でどのようなことが起きるのでしょうか。まずは自律神経に乱れが生じます。自律神経が過剰に働いてしまい、唾液がでるのを抑えようとするのです。そうなると口の中は、乾燥してしまいますね。乾燥すると虫歯菌やプラークが流れなくなり、口の中に貯留してしまい、歯に残ってしまんですよ。それが原因で虫歯になってしまいます。

また、ストレスを感じることで新陳代謝が悪くなり、血行障害が起こりますね。そうなると菌に対抗する白血球やリンパ等が行き届かなくなり、虫歯の菌に対抗できなくなるのです。また、私達は知らないうちにストレスを感じていると歯ぎしりをする人がいますね。日中起きているときは気が付かなくても、寝ているときに知らないうちに歯ぎしりをしていることがあります。歯ぎしりをすることで、歯の表面に傷ができ、その部分にプラークが溜まり、虫歯へと発展することになりますね。
また、歯ぎしりをすることで歯並びが悪くなり、その部分にプラークが貯留するのです。食生活のあり方も関係します。ストレスがあると食事が全く入らない人と絶えず何か口にしておかなければならない人もいますね。食べないと飲まないので口が乾燥します。反対にいつも何か口に入れておかなければならないと絶えず虫歯菌に栄養を与えることになりますね。

対処法

まずはストレスから解放されることですよ。ストレスの発散法は人それぞれですが、運動をしたり、外出をしたりし、ご自身をストレスから解放してあげることが大切ですね。音楽を聴いたり、ゆっくり入浴したりすることで、筋肉も弛緩し、いつもかみしめている顎関節にリラックスを与えることもできますよ。次にマウスピースの装着も考えられます。夜寝る時にマウスピースを付けることで、夜中の歯ぎしりに対処できます。

歯科を受診され、ご自身の歯にはったマウスピースを作成してもらってくださいね。また、虫歯菌やプラークが口腔内に貯留しないようにまずは水分補給を頻回にすることですよ。身体の水分補給は水分補助製品を考えますが、糖分が入っていますので、できれば減菌効果のある緑茶などをこまめに飲むことも一つの方法です。そして、歯科の定期健診を受け、現状の歯の状態を知ることが大切です。

ひろかみ歯科医院では予防センターで定期健診を行っています。場所は群馬県の高崎市の郊外です。ぜひお立ち寄りくださいね。

記事投稿日:2019年02月07日


メールでのお問い合わせ