歯を失う原因No1は歯周病 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯を失う原因No1は歯周病

歯を失う理由にはいろいろなものがありますが、その中でも最も多い原因と言われているのが歯周病です。歯周病というのは細菌性の疾患で、細菌が原因で歯肉が炎症を起こします。主に歯と歯茎の間にある歯周ポケットという所に食べカスが詰まり、そこで細菌が繁殖して歯垢や歯石となり、歯周病が進行していくわけですが、その初期段階としては、歯肉炎が起こることが多いようです。これは、歯磨きをすると歯茎から血が出るという症状が出るので、早い段階で自覚することが可能ですよね。この段階で速やかに治療を始めれば、歯を失う前に完治できて自分の歯を残すことは十分に可能なのですが、放置してしまうと歯周病はどんどん進行してしまい、やがては歯を支えている歯槽骨がダメージを受け、歯がぐらぐらして抜けてしまうという最悪の事態を引き起こしかねません。

普段から定期的に歯科検診を受けている人なら、もしも歯周病になったとしても早い段階で指摘してもらうことができますし、治療を始めることができますよね。しかし普段から歯科検診を受けていない人は、歯周病の初期症状を見逃さないように気を付けなければいけません。例えば、歯茎がなんとなく腫れているような気がしたり、触れると痛みを感じるとか、歯磨きをすると出血するとか、歯茎のラインが下がってきたなどの症状は、もしかしたら歯周病が原因で起こっている症状かもしれません。できるだけ早く歯科を受診して適切な治療を受けてくださいね。

歯周病は、普段の生活の中で予防することが可能な疾患です。予防策としては、毎日きちんと正しい方法で歯磨きをするということと、生活習慣や食生活が乱れないように意識することです。正しい歯磨き方法は、当院にご来院いただければ歯磨き指導を受けていただくことができますし、歯ブラシ以外にも歯間ブラシやマウスウォッシュなどを使った予防方法についても説明させていただきます。

生活習慣や食生活を改善することによって歯周病予防につなげることができます。食生活や生活習慣が乱れると、口の中のバランスが崩れて細菌が繁殖しやすい環境となりますよね。細菌が繁殖すると歯周病の原因となってしまいます。また、食生活においては歯垢が残りやすい甘いものや柔らかいものなどをできるだけ控えることもまた歯周病予防につながります。群馬県高崎市にある当院では、そうした部分についても多方向からアプローチした予防医療を提供しております。是非お気軽にご相談くださいね。

記事投稿日:2019年03月04日


メールでのお問い合わせ