歯周病になる原因は? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯周病になる原因は?

歯周病を引き起こす原因はたくさんあります。
1つ目の原因にはブラッシング不足がありますが、これは歯周病が起こる原因の中でも、最も大きな原因ですね。ブラッシング不足とは、歯磨きの習慣がなかったり、歯磨きを毎日していないとか、歯磨きをしていても正しく磨けていない、などが該当します。口の中にはたくさんの種類の細菌が常駐していて、食べカスなどをエサとして生きています。こうした細菌は口の中が健康な人にもいるので、細菌をゼロにすることはできません。しかし、口の中に食べカスがいつまでも残ってしまうと、それをエサとする細菌が増殖し、歯垢や歯石となって歯茎に炎症を起こす原因となるのです。これが歯周病が始まるメカニズムですね。

周病の原因はブラッシング不足だけではありません。喫煙もまた、歯周病になりやすい原因と言われていますね。煙草を吸うことと口の中の健康はあまり関係がないようなイメージがありますが、実は大きな関係があります。煙草を吸うと血管が収縮し、歯茎に十分な血液が届けられにくくなってしまいますし、口の中が乾燥するため、口の中で細菌が増殖しやすい環境を作ることにもなってしまうのです。これが歯周病を引き起こす原因となります。

口呼吸をしている人も歯周病を起こしやすいと言えます。口呼吸をする人は、無意識のうちに口を開けている人が多く、歯並びが悪くて口を閉じにくい人や、口を開けてしまうことがクセという人もいます。口の中を保湿してくれる唾液には、殺菌作用があるのですが、口を開けている時間が長い人は口の中が乾燥する傾向にありますし、唾液による自浄効果が低くなってしまいます。また、空気中の細菌が口の中に入り込んで増殖することもあるため、歯垢が作られやすくなって歯周病の原因となりますね。

その他にも歯周病を引き起こす原因に、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。こうした原因の中には、自分で意識すれば改善できることもありますが、なかなか自分だけで改善することは難しいものもありますよね。そのため、歯周病を予防するためにはまず日常生活の中で毎日きちんと正しい方法で歯磨きをする習慣をつけるとともに、歯周病の原因になるかもしれない癖などを意識して改善することが大切です。

また、定期的に歯科検診を受けて、口の中の健康状態をチェックしたり、クリーニングすることも歯周病予防には効果的です。群馬県高崎市の当院では、予防歯科の分野にも力を入れているので、是非お気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年03月04日


メールでのお問い合わせ