八重歯は抜いたほうがいい? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

八重歯は抜いたほうがいい?

八重歯とは、歯科用語でいえば「正常な位置に生えていない歯」のことを指します。八重歯というと犬歯をイメージする人が多いのですが、犬歯だけではなくどの位置にあるものでも、正常な位置に生えていなければ全て八重歯というカテゴリーに分類されますね。八重歯は歯並びが良くないということなので、歯磨きをしても磨き残しが出やすく、虫歯や歯周病などを引き起こしやすい原因にもなりかねません。そのため、生活に支障がなくても可能な範囲で治療することが大切ですね。

八重歯の治療法には、いくつかの方法がありますが、まずは歯列矯正による治療が挙げられます。歯列矯正する際には、顎に歯が余裕をもって並べるように抜歯するケースがありますが、その際に犬歯を抜歯することが多いようですね。この位置を抜歯すると、前歯が余裕をもって広がりながら歯並びを矯正でき、奥歯の側からも広がりながら歯並びが矯正され、最終的には抜歯した部分の隙間を埋めてくれるという完成形が期待できます。

八重歯によって歯並びが崩れている場合には、八重歯を抜歯して歯列矯正を行うという治療法が一般的です。しかし、ケースバイケースで抜歯の後にインプラントで人工歯を埋め込んだり、ブリッジなどによってすきまを人工的な歯でカバーするという治療方法などもあります。群馬県高崎市にある当院では、歯科治療において他分野の専門医が複数常駐しております。患者様のニーズや希望に合わせて適切な治療方法を提案させていただくことができるので、是非お気軽にご相談ください。

八重歯の矯正治療においては、ブラケットを使って歯を1本ずつ少しずつ動かすというブラケット治療方法に加えて、舌側矯正によって歯を少しずつ動かすという治療方法、そしてマウスピースをはめることで歯を動かすという治療方法などの選択肢がありますね。最も最短で治療が終了するのはブラケット治療ですが、歯の表面にブラケットを装着するため、他人に気づかれるというデメリットがあります。歯の表面ではなく裏側に器具を装着する舌側矯正になると、他人から見えづらいというメリットがある一方で、治療費用が高くなったり期間が長くなったりするというデメリットがあります。
また、マウスピース矯正は、着脱できますが歯の大掛かりな移動は難しいので、軽度の八重歯治療に適しています。どの方法が最適なのかについては、歯科医と患者様とで相談しながら適切な方法を模索していくことをおすすめします。

記事投稿日:2019年03月04日


メールでのお問い合わせ