虫歯の出来やすい人、出来にくい人 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯の出来やすい人、出来にくい人

毎日の歯磨き習慣によって虫歯を予防することは可能ですが、虫歯ができやすい人とできにくい人がいることはご存知でしょうか?これは虫歯ができる原因が毎日の歯磨き習慣以外にもあるということを意味しています。例えば、歯並びが悪い人は歯磨きをしても磨き残しができやすいため虫歯ができやすくなりますし、食生活で歯に詰まりやすいものとか砂糖を多く摂る人は、虫歯になりやすくなってしまうでしょう。

虫歯のできやすい人は、体質的な要因も関係しています。例えば、口の中で分泌される唾液には殺菌作用があるのですが、唾液が多く分泌される人は口の中が殺菌され虫歯ができにくくなりますし、唾液量が少ない人は口の中が乾燥しやすくなって唾液による殺菌作用も低くなるため、虫歯ができやすくなります。

生活習慣もまた、虫歯のできやすさと大きな関係があります。例えば、食生活が不規則で寝る前に飲食をする生活を繰り返している人は虫歯ができやすくなります。これは、食事の後に歯磨きせずに寝てしまう可能性が高いという理由もありますが、他にも理由があります。歯は、食事をすると表面のエナメル質が柔らかくなり、食事の後には歯の表面が再石灰化するという性質があります。しかし頻繁に飲食をする人だと、歯の表面が再石灰化する前に再び食事をしてしまうことになるため、再石灰化できないままの状態が続きます。それが虫歯の原因を引き起こすというわけですね。

虫歯ができにくくするためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。まず、飲食はちょこちょこと頻繁にするのではなく、できるだけ1日3回などの少ない回数に抑えて、食べた後にはしっかりと歯の表面が再石灰化する時間を確保する、ということをおすすめします。また、食事の後や寝る前にはきちんと歯磨きをして、細菌が増殖しにくい環境づくりをするのも良い事ですね。

口の中が乾くと細菌が繁殖しやすくなるため、口の中が乾燥しないよう唾液を出すためにガムを噛んだり、水やお茶を飲んだりして常に口の中を潤わせるための工夫も効果的です。また、一日の最後には歯磨きの後にマウスウォッシュを使って口の中の細菌を除去する工夫などもおすすめですよ。

群馬県高崎市にある当院では、予防歯科の分野で虫歯になりにくい生活習慣や歯磨き指導などを行っております。お口の中の健康に多方向からアプローチすることができますので、ぜひ一度ご相談にお越しください。

記事投稿日:2019年03月04日


メールでのお問い合わせ