虫歯が進行するほどお金も時間もかかります | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯が進行するほどお金も時間もかかります

虫歯はできてから治療するよりも、できないように予防に努めたほうがずっと楽ですしお金もかからないということはご存知でしょうか。一度虫歯ができてしまうと、放置しても自然治癒はしてくれません。それどころか、一度虫歯ができると治療しない限りはその虫歯菌がどんどん繁殖して、虫歯は進行してしまいます。そうなってしまうと、いくら正しい歯磨きをしても、虫歯の進行を止めることはできませんよね。

虫歯の治療は、歯科医院で対応していますが、進行度合いによって治療にかかる時間や治療回数、そして患者様の金銭的な負担も大きく異なります。虫歯は、C0~C4と5段階に分類することができ、治療内容もこの進行度合いによって異なります。

C0の虫歯は、虫歯菌によって歯の表面のエナメル質が一時的に溶けている状態です。この状態だけなら自然治癒できる可能性があるため、治療は必要ありません。ただし、自然治癒しない場合にはC1となり、これは歯の表面のエナメル質が一時的ではないダメージを受けている状態です。白い樹脂などで穴をふさぐという治療になりますが、型を取る必要などがないためすぐに治療は終了します。

虫歯が進行して虫歯菌がエナメル質を通過して象牙質まで到達すると、歯が染みたり痛くなるという自覚症状があらわれるようになりますね。この度合いだと、場所によって樹脂で埋める治療法や、型を取って削った部分にはめ込むという治療法が選択されます。

さらに進行して歯髄とよばれる歯の神経まで虫歯菌が到達すると、お湯が染みたり歯の痛みが夜眠れないほどのレベルとなります。この場合には、削った部分に金属や樹脂をかぶせる治療が必要です。ただし、この状態まで全く自覚症状がないということはほとんどないため、こうなる前に受診して治療を始めることをおすすめします。

虫歯の度合いの中でも最悪ランクとなるのはC4です。これは虫歯がかなり進行していて、歯根のみを残して出ている歯冠部が崩壊している状態を指します。ここまで進行すると、痛くないことは多いようですが、歯を残すことは難しいため、抜歯をした上で土台を作って差し歯やインプラントなどの治療を行います。

群馬県高崎市の当院では、虫歯治療の専門医が複数おります。ひどくなる前に歯科検診などで早期治療を始めていただくのが理想的ですが、ひどくなった虫歯に対しても患者様のニーズや希望に合わせて適切な治療方法を提案させていただきます。是非お気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年03月04日


メールでのお問い合わせ