銀歯が目立つから笑えない | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

銀歯が目立つから笑えない

至極簡単に言えば、虫歯の治療はどれも「虫歯の部分を削って、蓋をする」というもの。奥歯でしかも虫歯の範囲が広く大きく削らなければならない場合は、銀歯が蓋として使用されます。ところが、実際には「奥歯」と言っても大きく口を開けて笑うと結構外からも見えてしまうんですよね。せっかく虫歯を直したのに、今度は銀歯が目立って気になるから笑えない…と悩む患者さんは少なくありません。

自費診療で白い歯にする方法

銀歯が目立ってしまうのがイヤ、白い歯に変えたい!!という場合、取れる手段は大きく分けて「自費診療の白い歯に変える」あるいは「何とか保険適用内の治療で白い歯にする」かのどちらかです。自費診療と聞くと「高い!」というイメージが先行するかもしれませんが、その分美しさや強度・長持ちの点では保険診療内治療とは比べ物になりません。その代表的なものが、メタルボンド。メタルボンドは金属を土台にその表面にセラミック素材を張り付けて作る歯の被せで、見た目は白いセラミックでキレイ、だけど土台は金属なので強度があり割れにくい、というセラミックと金属の良いとこ取りをしたものです。ただし、使う金属によっては長く経つと歯茎が黒くなってきたり、歯の内側は金属面積が大きいため角度によっては見えてしまったりといったデメリットがあります。

メタルボンドのデメリットを避けたいなら、オールセラミックやハイブリッドセラミックという自費診療もあります。オールセラミックとはその名の通り全てをセラミックという陶器素材で作る被せです。質感や色合いが本物の歯に近く長時間使用しても変色しませんし、金属ではないので金属アレルギーの心配もありません。ハイブリッドセラミックはセラミックにレジンが混ざった素材で、その分コストを抑えることができるのがメリットですね。

保険診療内で白い歯にする方法

一方保険診療内で何とか白い歯にしたい!というのであれば、レジンを使用した詰め物や被せを使用することになります。例えば削った範囲が小さいのであれば「コンポットレジン」というプラスチック樹脂を詰めて光を照射し固めるという方法がありますし、前歯から5本目までなら「硬質レジンジャケット冠」というレジンのみで作られた被せで対応することもできます。ただしこれらレジン素材は強度が弱く変色しやすいため、長期間使用するのには向いていません。

群馬県高崎市周辺で銀歯の色に悩んでいる方は、是非ひろかみ歯科医院にご相談ください。当院では審美歯科やインプラント、勿論保険診療内でできる治療も受け付けています。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ