白い被せ物も変色する事がある | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

白い被せ物も変色する事がある

虫歯治療で詰め物ではなく被せが必要になるときとは、虫歯がある程度大きく神経の治療が必要な時で、治療後に被せる被せの歯のことを「クラウン」と呼びます。保険診療内の場合、奥歯は一般に「銀歯」と呼ばれる金銀パラジウム等を使った合金素材のクラウンを使用しますが、目立つ前歯の部分であれば保険診療内でも白いクラウン(前装鋳造冠・HRと呼びます)を作ることができます。この前歯に使用する前装鋳造冠は外から見える前の部分にレジンと呼ばれるプラスチック素材を貼り付けたものです。

レジンのデメリット

このレジンは安価で形も整えやすいのですが、多孔性で唾液を吸収するため、時間が経つと変色しやすいという欠点があります。また前歯から数えて5本目までの小臼歯に対しては、保険適用内で「ハイブリットレジン」と呼ばれる白い素材をクラウンに使用することができます。しかし、このハイブリットレジンもセラミックにプラスチックを混ぜたものであるため、レジンと同じくやはり時間と共に変色していきます。

変色しない被せにするには

このように保険診療内のレジンやハイブリットレジンではどうしてもキレイな白色を保てないため、自費診療でできる被せを希望される患者さんも少なくありません。代表的なのはセラミック素材の被せで、100%セラミックで作る被せを「オールセラミック」、金属にセラミックを焼き付けた被せを「メタルボンドクラウン」、セラミックブロックに色を付けた被せを「e-maxクラウン」と呼びます。また「ジルコニア」という人工ダイヤに色を付けた「フルジルコニアクラウン」やジルコニアブロックを削って作る「ジルライトクラウン」という被せもあります。

これらの素材はプラスチックではないため着色や変色が起こりにくく、長く綺麗な状態を保つことができます。そもそもレジンと比べると本当の歯の色にかなり近い色を再現できるため、一見して被せを付けているようには見えないんですよ。そんな見た目の審美性は勿論のこと、セラミックやジルコニアは硬くて摩耗しにくく、傷もつきにくいという耐久性にも富んでいます。ということは二次う蝕と呼ばれる被せの下で起こってしまう虫歯の再発も起きにくい、ということなんですね。確かに保険診療内の物と比べると自己負担額が大きくなるのがデメリットですが、長い目で見るとこちらの方がコストパフォーマンスが良い、ということもあり得ます。

群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、被せの歯の変色に悩む患者さんも多くいらっしゃいます。お1人お1人に合った治療を選ぶお手伝いをさせていただきますよ。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ