歯茎から血が出るのはなぜ? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯茎から血が出るのはなぜ?

群馬県高崎市にある当院・ひろかみ歯科医院でも、歯磨きの際に歯茎から血が出ていても「強く擦りすぎただけ」とあまり気にされない患者さんがたまにいらっしゃいます。しかし実はこの歯茎からの出血は「危険」のサイン。ブラッシングが足りなくてこのまま放っておくと歯周病になってしまいますよ、というシグナルなんですよ。

歯茎から血が出る理由

そもそもブラシをあてただけで出血してしまうのは、そこに毛細血管が寄ってきているため。歯と歯肉の境目の「歯周ポケット」に磨き残した歯垢が溜まり細菌が巣くっていると、体は自己防御のために毛細血管を寄せて白血球を「派遣」します。白血球が体に侵入した異物と闘い追い出す役割を果たしているのはもうご存知ですよね。こうして毛細血管が寄ってくることで歯肉が腫れて見えたり、そこにブラシを充てると弱くて細い血管であるため簡単に破れて出血したり、というわけなんですよ。つまりブラッシングするだけで血が出る部分というのは歯垢が溜まっている証拠、磨いているつもりでも磨き残しが多い部分という証拠なんです。この炎症を起こした状態を「歯肉炎」と呼び、腫れや出血の他に、口臭や起床時の口内の粘つきなどの初期症状が見られます。

放置すると大変なことに!

歯肉炎になると、勿論白血球が戦ってくれているとは言え、それだけでは抵抗しきれず放っておくと更に悪化していきます。これが「歯周病」。ひどくなって歯肉の炎症範囲が広がり歯を支えている歯根膜や歯槽骨にまで悪影響を及ぼすと、炎症のせいで歯を失うのみならず、全身にも悪影響が及ぶことが分かってきています。そこまで重症化してしまうと、もう歯を抜いてインプラントにする方が良いという専門家もいるほどです。歯茎がぶよぶよしたり腫れて膿が出たりしている場合にはかなり進行していると考えられるので、早急に歯科医院で診察・治療してもらってくださいね!

自宅で治療する方法

一方、歯肉炎の段階、あるいは歯周病でも初期段階であれば、適切なブラッシングを行うことでセルフ治療できる可能性があります。使う歯ブラシは小さめのヘッドで毛先の丸い柔らかめのもの。これを垂直に立てて「縦磨き」します。歯周ポケット1つ1つから汚れを掻き出すつもりで、小刻みに動かしながらブラッシングしましょう。歯ブラシで全体を磨いた後は、デンタルフロスや歯間ブラシで歯の隙間までキレイに掃除して、最後にお口をすすいで終了です。食後の1日2~3回が目安ですが、特に就寝前にはしっかり磨いてくださいね。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ