ホワイトニングは歯の負担にならないの? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

ホワイトニングは歯の負担にならないの?

歯科医院で行うホワイトニングは、特定の薬剤を歯に塗布することでその効果を得るものなので、中にはその薬剤が歯に負担をかけて少しずつ歯を弱くしてしまっているのでは?と心配される方がおられます。群馬県高崎市の当ひろかみ歯科医院に来院される患者さんからもそのようなご質問をいただくことがあります。ですが結論から言ってしまえば、少なくとも日本の歯科医院で行うホワイトニングには、歯への負担も体への負担の心配もない、安全なものなんですよ。

ホワイトニングは安全!

ホワイトニングに使用するのは過酸化水素を主要成分とした薬剤で、過酸化水素には歯にこびり付いたステイン(着色物)を漂泊する作用があります。消毒薬のオキシドールと同じ成分ですから塗布することでその部分に悪影響を及ぼす心配はないことは納得していただけると思うんですが、「でも『消毒薬』を口の中に入れて大丈夫なの?」と心配される方がいらっしゃるかもしれませんね。でも大丈夫、この過酸化水素は実は食品添加物にも使用されている、厚労省からも安全性が認められている成分なんですよ。しかも過酸化水素の濃度は高ければ高いほどホワイトニング効果もあがるものの、高濃度の過酸化水素は皮膚に付くと炎症を起こしたり痛みが出たりするため、歯科医院で使用して良いのは濃度35%まで、と決められています。

ホワイトニング後に歯がしみる?

それでも、ホワイトニングを経験した患者さんの中には、施術後に歯がしみたり痛んだりしたために、「やっぱりホワイトニングは歯に悪いのでは…?」と不安になられる方がいらっしゃいます。このホワイトニング後の歯の痛みは知覚過敏によるもので、過酸化水素の薬剤を塗ったことで一時的に歯が「脱灰」することによって起こります。「脱灰」というのは、口内が酸性になった時に歯のカルシウムが溶け出すことで、これは何もホワイトニングだけでなく、例えば炭酸水やレモン果汁なんかを摂った場合でも起こる自然現象なんですよ。口内が酸性に傾くと、自然と唾液が多く分泌されて中性に戻り、唾液内のカルシウムが歯に付着して歯のカルシウム濃度も元に戻ります。これを「再石灰化」と呼びますが、ホワイトニング剤を塗って一時的に脱灰してもこの再石灰化能力がすぐに修正してくれるので、施術後の痛みも時間と共に解消されていくんです。ただし、虫歯や歯周病がある方の場合は、その患部から過酸化水素が浸透して神経に達し、痛みがひどくなることがあります。口内に疾患がある人はまずそれを治療してから、ということになりますね。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ