口臭の原因と治療方法 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

口臭の原因と治療方法

日本人は特にニオイに敏感な国民で、口臭を気にする方、口臭で悩んでいる方は珍しくありませんね。当院でも、一生懸命歯磨きしているつもりなのに、全然口臭が改善されない…と相談に来られる患者さんが大勢おられます。ケースによっては歯磨きでは改善されない口臭もあるので、この機会に口臭の原因と治療法について簡単にご説明させていただきますね。

「生理的口臭」とは

口臭の原因は大きく分けて「生理的口臭」「病的口臭」「心理的口臭」の3つです。「生理的口臭」とは口内の汚れ―歯や舌に残った食べ物のカスなど―に細菌が取り付いて繁殖することにより起こる口臭で、細菌が発生させる揮発性硫黄化合物というガスが直接の原因です。特に舌の奥の方にある「舌苔」と呼ばれる部分に多く付着しています。生理的口臭の中には口内が乾燥することで起こる口臭も含まれます。人の唾液には抗菌物質が含まれているため、唾液が少ない、つまり口内が乾燥した状態は細菌を活性化させてしまうわけですね。空腹時や女性の場合なら生理に伴うホルモンバランスの変化が口内を乾燥させるため、こういったシーンでは一時的に口臭が強くなってしまいます。従って、生理的口臭の場合は口内の細菌を取り除くべくしっかり歯磨きや舌磨きをしたり、口内の乾燥を防ぐためにガムを噛むなどして唾液を分泌させたりすれば良いわけです。

「病的口臭」とは

一方「病的口臭」は、その名の通り口内疾患が原因で起こっている口臭です。虫歯や歯周病とは、つまり細菌が歯や歯茎で大繁殖し歯を溶かしたり炎症させたりしている状態ですから、生理的口臭と同じく細菌が発するガスが臭いの直接の原因となっているんですね。ただし、病的口臭の場合は歯磨きしただけでは解決しません。当然ですが、原因となっている虫歯や歯周病を治療しなければなりませんね。

「心理的口臭」とは

「生理的口臭」と「病的口臭」が実際に口内細菌によって発生している口臭であるのに対し、「心理的口臭」は本当は口臭などないのに本人だけ自分には口臭があると思い込んでいる症状のことで、「仮性口臭症」とも呼ばれます。仮性口臭症の場合は口臭の原因物質が口内にあるかどうかを検査し、その検査結果を伝えて実際には口臭などないことを説明すると改善されますが、「口臭恐怖症」と呼ばれる心理的口臭の場合はそれでも改善されないため、精神科や心療内科を紹介することがあります。

当院・ひろかみ歯科医院でも、口臭に悩む患者さんのご相談に乗り、適切な治療をご提供しています。群馬県高崎市で口臭にお悩みの方はご相談ください。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ