毎日歯磨きしても虫歯になるのはなぜ? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

毎日歯磨きしても虫歯になるのはなぜ?

毎日歯磨きしているのに虫歯になるという人、少なくないですよね。逆に普段大して歯磨きしているわけではないのに何故か虫歯が1本もない、という人も。前者からすると後者は「ズルイ!!」の一言に尽きるんですが、この理不尽にも思える口内環境の差は、生まれついた体質によるものなんでしょうか。今回はそんなコラムを綴ってみたいと思います。

誰でも最初は虫歯ゼロ!

皆さんも一度はお聞きになったことがあるかもしれませんが、そもそも生まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌は一切存在していません。つまり誰しも「虫歯ゼロ」の状態からスタートするわけなんですよね。ところが歯が生えだして離乳食を食べるようになるころ、母親をはじめとした周囲の大人が自分の使ったスプーンで赤ちゃんにご飯をあげることで、その口内にあった虫歯菌が感染します。つまり赤ちゃんが虫歯に悩まされない子に育ってほしいなら、親は自分の虫歯菌をうつさないようスプーンは毎回清潔にしておく、口にキスはしない、などを徹底すればいいわけですね。こうして赤ちゃんの時期に感染しなければ、それ以降虫歯菌に感染する可能性は低くなります。というのも、ヒトの口内も腸内と同じように「善玉菌」と「悪玉菌」が一定の比率で存在しており、善玉菌の比率が高ければそれだけ虫歯や歯周病にかかりにくくなるからで、この「口内の善玉菌と悪玉菌の比率」は生後1歳7か月~2歳7か月の間に確立されるからです。一度比率が確立・定着すれば、後になって虫歯菌が侵入してきても口内に定着し影響を及ぼすことは難しくなります。

また生来的に唾液量の多い人は、少ない人と比べて虫歯になりにくいので、これもいわば「虫歯になりやすい体質・なりにくい体質」の要因の1つと言えるかもしれませんね。唾液には食後酸性に傾いた口内を中性に戻す効果があり、また唾液それ自体も抗菌作用があるからです。

虫歯には必ず何らかの原因がある

とは言えこれらはあくまで要因であって、そうであるから絶対に虫歯になる・ならないと決定づけるものではありません。体質的には不利であっても、基本的に正しい歯磨きをしていれば虫歯にはなりにくいはずなんです。それにもかかわらず何故か虫歯が絶えない…という場合には、歯並びが悪くどうしても磨き残している部分がある、などと言った他の何らかの原因が潜んでいるはずです。群馬県高崎市にある当院・ひろかみ歯科では、虫歯治療は勿論のこと、予防歯科にも力を入れており、長期的に患者さんのお口の健康を保つ治療に力を入れています。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ