知覚過敏とは | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

知覚過敏とは

テレビなどで取り上げられることも多いため歯の症状として「過敏症」というものがあることは大抵の方がご存知なんですが、いざその症状を感じた時に虫歯と勘違いされる方も少なくありません。確かに虫歯や歯周病が知覚過敏を引き起こしているケースもあるので一概に間違いとは言えないのですが…。そこでここでは知覚過敏についてご説明しますね。

知覚過敏の原因

そもそも私たちの歯は「象牙質」と呼ばれる土台に「エナメル質」が被さるようにして象牙質を守っています。象牙質には神経に通じる無数の「象牙細管」という穴があいているのですが、エナメル質がこれを覆うことで外部からの刺激が象牙細管を通って神経に達しないように守っているわけですね。ところが何らかの原因でエナメル質が傷ついて削れてしまうと象牙質がむき出しになり、外部からの刺激、例えば冷たい食べ物や飲み物、逆に温かいものや酸味・甘みの強いものを摂取した時に、その刺激が象牙細管を通って神経に達し、「ズキン」とした痛みを感じます。これが「知覚過敏症」なんですね。歯にズキズキとした、あるいはキーンとした痛みを感じるため、「あ、虫歯かも!」と歯科医院へ来院される患者さんが多いわけです。

では何故歯のエナメル質が削れてしまうのかというと、これにはいくつかの原因が考えられます。最も多いのは歯磨きが原因で、例えばゴシゴシと力任せに強くこすりすぎていたり、研磨剤が配合された歯磨き粉で磨いたりしていると、少しずつエナメル質が削れていきます。また本人に自覚はないものの、寝ている間の歯ぎしりが原因でエナメル質を傷つけていることも少なくないですね。勿論虫歯はエナメル質を削りますし、歯周病や加齢で歯茎が下がると、エナメル質で覆っていない部分の象牙質が露出することになるため、そこから外部刺激を感じて痛むこともあります。

知覚過敏の治療法

知覚過敏症はそれぞれの原因さえ突き止めればそれを排除することで治療することができます。知覚過敏なのか虫歯なのかは一般の方では判断しづらいので、歯科医院で診察を受けられることをお勧めします。群馬県高崎市の当・ひろかみ歯科医院でも、知覚過敏症の治療を行っています。例えば虫歯や歯周病が原因であれば勿論その治療から入りますし、歯ぎしりが原因であればマウスピース、歯磨きや酸性の食べ物でエナメル質が傷ついているのならレジンや歯科用セメントで象牙質をカバーするコーティング剤を塗布したりします。知覚過敏は放置していると痛みのために歯磨きが疎かになり、虫歯や歯周病へと繋がりますから、少し様子を見て治らないようなら是非歯科医院を受診してくださいね。

記事投稿日:2019年05月15日


メールでのお問い合わせ