何をしても入れ歯が合わないならインプラントの検討を | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

何をしても入れ歯が合わないならインプラントの検討を

合わない入れ歯で悩まれている方はインプラントのご検討をおすすめします。群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では患者様の体に負担の少ないインプラントをご提供しています。

合わない入れ歯の悩みは

合わない入れ歯で悩まれている方は、「入れ歯を入れているだけで歯茎に痛みがある。」「入れ歯の床部分が口の中の粘膜に擦れて痛い。」「食べ物などを噛んだ時に噛みにくい。」などの症状を訴えておられます。そのような場合は入れ歯が合っていないと考えられます。

合わない入れ歯を使い続けると

入れ歯を入れるだけで痛いと食事も思うように食べられなくなります。それにより栄養障害に陥ったり、充分に噛めないことで胃腸に負担がかかり体調が悪くなったりします。残っている健康な歯への負担が増しほかの歯を失う事にもつながります。また入れ歯が合わないと顔の表情筋が衰えしわが増える原因になります。そのほか認知症のリスクが高まるとも言われています。

入れ歯が合わない原因

最初から違和感が強い場合は、作ったときにそもそも合っていなかった可能性があります。年月の経過で口の中の状態は変化していきます。加齢や歯周病のために顎の骨が減ることで最初に作った入れ歯が合わなくなることもあります。長い間の噛み方の癖で入れ歯が合わなくなることもあります。そのほか何度も噛んでいると入れ歯がすり減り、上下の噛み合わせが変化することも入れ歯が合わなくなる原因です。

合わない入れ歯の対処法は

完成した入れ歯の多くは自分の口に合うように微調整が必要です。作ってから数年経過した入れ歯が合わなくなった時は、新しく作り替えた方が良い場合もあります。

入れ歯を作る時は僅か1mmの誤差が歯の噛みやすさに大きく影響します。そのため歯科技工士の技術も重要な要素になります。ひろかみ歯科医院の提携先の歯科技工所は業界の中でもトップクラスの技術と丁寧な仕事で患者様から高い評価をいただいております。一人ひとりの生活や希望に添ったぴったりと合う入れ歯を作ることが可能です。入れ歯をご検討の方や合わない入れ歯でお悩みの方は、ひろかみ歯科医院までご相談ください。

しかし、どうしても入れ歯が合わない場合もでてきます。そのような場合はインプラントも視野に入れるのも一つの手段です。インプラントは入れ歯のように取り外す際の手間や違和感がありません。残っている歯に対する負担も少なく、ブリッジのように正常な歯を削ることもありません。ひろかみ歯科医院ではからだに優しいインプラントをご提案させていただいております。是非、お気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年06月01日


メールでのお問い合わせ