インプラントは天然の歯と同様の感覚で噛んだり味わうことができます | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

インプラントは天然の歯と同様の感覚で噛んだり味わうことができます

インプラントの最大のメリットは天然の歯と変わらない感覚で食べ物を噛んで味わうことができるという点です。虫歯などにより歯を失った場合、義歯にするか入れ歯にするか、インプラントにするかで迷われる方がたくさんいらっしゃいます。総入れ歯または部分入れ歯やブリッジなどで治療される方も多いのですが、入れ歯が合わないという理由でインプラントをご検討される方も増えてきました。入れ歯とインプラントの違いについてそれぞれのメリットとデメリットという観点でお伝えいたします。

入れ歯のメリットは

手術の必要がなく治療期間も短く済みます。費用も保険適用内のものは安価にできます。自分で取り外しが容易にできるのでメンテナンスもしやすいのが特長です。

入れ歯のデメリットは

噛む力が弱いため硬い食べ物が噛みにくく、バランスの取れた食事ができません。自分に合っていない入れ歯だと口の粘膜に当たって痛みを感じることがあります。入れ歯のプラスチックや金属部分が口の粘膜を覆うので食べ物の味覚を味わいにくいということがあります。そのほか会話のしづらさや入れ歯の取り外しが面倒なことなどで、入れ歯で悩まれている方が大勢いらっしゃいます。

インプラントとは

インプラントは、抜けてしまった部分に人工の根っこを入れて、その上に義歯を取り付ける方法です。入れ歯の場合は、無い歯や歯茎を金属などで他の歯に引っ掛けて使用しますが、インプラントは顎の骨の部分にしっかりと固定されているので自分の歯と近いような自然な感覚になります。

インプラントのメリット

インプラントでは入れ歯の悩みをかなりの割合で解決することができます。まず入れ歯に比べると食べ物をしっかりと噛むことができます。そのため入れ歯では味わえない歯ごたえのある食べ物も食べられるので栄養面でバランスの取れた食事ができます。また、入れ歯のようにプラスチックや金属で口の中の粘膜を覆うことがないので食べ物の素材そのものの味や温かさを楽しむことができます。良く噛んでバランス良くたくさん食べることは健康につながります。

インプラントのデメリット

保険適用ができないので高額になります。インプラントを挿入する場所の骨の状況によってはインプラントを入れることが出来ない場合もあります。また、インプラントの挿入には手術が必要になりますが、全身的な健康状態が良くなければ、手術自体が行えないこともあるのです。

群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院ではからだにやさしいインプラント治療をご提案いたしております。入れ歯でお悩みの方やインプラントの治療をご検討の方はお気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年06月01日


メールでのお問い合わせ