インプラントは周囲の歯に負担をかけません | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

インプラントは周囲の歯に負担をかけません

インプラントは周囲の歯を削らずにできる治療法です。歯を失った場合、「ブリッジ」「部分入れ歯」「総入れ歯」という治療法が従来から行われています。

ブリッチ治療とは

失った歯の代わりの人工の歯と支柱となる歯にかぶせる冠を一体化した義歯を作り、両隣の健康な歯を支柱にして、橋のようにして渡す治療法です。

ブリッチ治療のメリットは

しっかりと固定されるので噛む力も強く安定感があります。治療期間も短期間で済み保険適応内であれば治療費が比較的安価です。

ブリッチ治療のデメリットは

ブリッジ治療を行う際は、健康な歯を削る必要があります。そのため健康な歯を傷めて寿命を短くするおそれがあります。また挿入した義歯を支える歯に大きな負担がかかります。また、ブリッチ治療では奥に支える歯がない場合は適応できません。

部分入れ歯による治療法

部分入れ歯による治療ではブリッチのように周囲の歯を大きく削ることはありません。支える歯への負担も比較的少ない治療法です。しかし金属のバネが見えることで口を開けたときに入れ歯だとわかってしまいます。また入れ歯のフレーム部分が口の中の粘膜を覆うため食べ物がおいしく味わえないという難点があります。

ひろかみ歯科医院ではバルブラストデンチャーという部分入れ歯や金属床入れ歯のご提案をおこなっております。

バルブラストデンチャーとは

金具を使用しない入れ歯です。金属部分がないため、外から見ても入れ歯だとバレにくく、弾力があるため金属の入れ歯と比べて負担が少なめであるのが特徴です。食後は毎回外して洗い、清潔に保つ必要があります。

金属床入れ歯とは

文字通り、金属を主に使って作られた入れ歯です。金属はプラスチックと比較して強度が上がるので、プラスチックの床よりも厚みを薄くできます。そのため口の中に入れた際の異物感や違和感は大幅に軽減されます。また、金属は熱をすぐに伝えますから、熱い食べ物などを口に含んだときもすぐにわかります。

しかし、バルブラストデンチャーによる治療や金属床入れ歯による治療も支える歯がない場合は適応できません。また残っている健康な歯への少なからずの負担はある程度避けられません。そのような場合にはインプラントのご検討をおすすめします。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院ではバルブラストデンチャーや金属床入れ歯による治療、さらにはインプラントによる治療をご提案させていただいております。患者様一人ひとり、口の中の状態は全く異なります。その中で、どういったご希望があるのか、予算はいくら程度なのかなどのヒアリングを行っております。歯は一生必要なものですから、なるべく違和感の少ないものをご提供できるよう努めてまいります。

記事投稿日:2019年06月01日


メールでのお問い合わせ