子供の歯並び 矯正 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

子供の歯並び 矯正

子供の歯並びは小児矯正で

子供の歯並びについて不安を抱えていらっしゃる親御さんは多いですよね。子供の場合、顎の成長とともに歯並びも少しずつ変わっていきますが、歯並びが良くないという悩みを大人になるまで持ち続ける必要はありません。当院では、小児矯正の分野にも対応しております。

子供の矯正には、その状態によっていくつかの方法がございます。ただ歯並びだけを矯正するのではなく、噛み合わせや顎との位置関係などを見ながら、その子に合った治療方法を見つけることが、満足度の高い仕上がりを手に入れる鍵と言えるでしょう。お子様の歯並びに関する悩みには、受け口や開咬、出っ歯などがございます。それぞれの悩みに応じて適切な治療を行いますが、矯正治療はすべての歯が永久歯に生え変わる6歳~10歳ぐらいにかけて始めるのがベストと言われています。すでにすべての歯が永久歯に生え変わっている場合には、歯並びを矯正するためのスペースを確保するために抜歯を行うこともあります。

思春期に突入するお子様の矯正治療となると、やはりブラケットを装着した時に他人の視線が気になるという子は多いものです。ブラケットには、メタル以外にプラスチックやリンガルなどいくつかのタイプがあり、それぞれメリットやデメリット、そして治療期間やコストが異なります。当院では、そうした選択肢に関しても相談させていただきますので、お気軽に質問なさってください。

気になる治療費用は?

歯列矯正治療を行う場合、患者様がお子様でも大人でも、健康保険は適用外となるため、かかる治療費用は全額が患者様の負担となります。治療費は、ブラケットの素材やタイプ、治療期間や施術法などによって異なりますが、目安としては10歳未満のお子さんの場合なら30万円~50万円程度、それ以降の年齢になると70万円~100万円程度となります。まとまった費用を捻出できないという場合には、医療ローンなどの選択肢についてもアドバイスを提供させていただくことができます。群馬県の高崎市にある当院では、多くのお子様が矯正治療を受けていて、好評をいただいております。ぜひお気軽にご相談くださいね。

なお、お子様の矯正治療に当たっては、家庭でのサポートが必要不可欠となります。ブラケットを装着することによって歯ブラシでは磨きづらい場所が増えてしまうため、家庭では親子で毎日しっかりと歯磨きをしていただく必要があります。また、期間が長くなるとお子様が矯正治療に対して疲れてしまうことが多いため、モチベーションを上げるための工夫や対策なども必要となりますね。

記事投稿日:2019年06月28日


メールでのお問い合わせ