レジン床の入れ歯と金属床の入れ歯 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

レジン床の入れ歯と金属床の入れ歯

レジンとはプラスチックのことで、“床(しょう)”は入れ歯のピンク色の部分を指します。入れ歯には、プラスチック製のものと金属でできているものがあります。どちらのほうが使いやすいかですが、金属床の入れ歯をおすすめします。金属床の入れ歯は食べ物の熱さ・冷たさがよく伝わり、食事を美味しく食べることができるからです。入れ歯を作る際には、食事が美味しいというのが一番大切なことではないでしょうか?

入れ歯の種類は?

入れ歯は、「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。口の中に歯が残っている場合は、部分入れ歯を使用できます。すべての歯を失った場合に総入れ歯を選択することになりますが、費用がかかる上に面積が広いため慣れるまでに時間がかかります。

入れ歯を作る際にかかる費用ですが、健康保険が適用になる場合と自費診療になる場合があります。部分入れ歯を利用する場合は総入れ歯ほど費用がかかりませんから、自費診療でかかる費用を確認してからお決めになるのがよいでしょう。

レジン床の入れ歯のメリット

レジン床の入れ歯は修理しやすく、保険適用になるというメリットがあります。入れ歯を作る際に、安さを一番に考えるということもあるでしょう。保険適用になるのとならないのでは、トータルの費用にかなりの差が出ます。

プラスチックの入れ歯は壊れやすいため厚く作られる傾向があり、なじむまでに時間がかかります。健康保険が使えるから費用が安くすみますけど、入れ歯の使い心地に不満が出る可能性が高くなります。

金属床の入れ歯のメリット

金属床の入れ歯は、プラスチック製のものに比べると壊れにくいというメリットがあります。薄く作ることもできますから味が伝わりやすく、食べ物が美味しく感じられるでしょう。

ただし、保険適用にならず自費診療を選択することになります。総入れ歯を選んだ場合、予想外に費用が高くなってしまうかもしれません。入れ歯を作る際には、双方のメリットとデメリットについて歯科医にくわしい説明を受けることをおすすめします。

レジン床の入れ歯も金属床の入れ歯もそれぞれに長所と短所があり、片方の長所がもう一方の短所のようなものとなっています。群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院は、患者さんのニーズやご予算に合わせてより違和感の少ないものをご提案しています。口に合った入れ歯を作り、食事が美味しくできるようになるのが大切ですから、満足のゆく入れ歯が作れるように歯科医にご相談ください。

記事投稿日:2019年08月05日


メールでのお問い合わせ