歯と歯の隙間を無くしたい | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯と歯の隙間を無くしたい

群馬県高崎市でも歯の隙間に関する悩みは多い

笑った時に見える歯の間に隙間があったとしたら、気になりますよね?群馬県高崎市にある当院にも、歯と歯の間の隙間で悩む患者様はたくさん来院されます。子供のころから歯と歯の間に隙間があって悩んでいたという患者様もいれば、以前はきれいな歯並びだったのに大人になってから隙間ができたという方もいらっしゃいますね。

患者様がお子様の場合には、歯と歯の隙間ができている場合には歯列矯正による治療が効果的です。しかし、成人してから隙間ができてしまったという場合には、もしかしたら噛み合わせが寄っているために奥歯が低くなり、その代わりに前歯が放射線状に広がってしまうフレアーアウトが起こっている可能性が考えられます。その他にも、歯と歯の隙間を作る原因には、歯周病があったり舌を出す習慣から開咬になってしまうこともありますね。

原因がはっきりしている場合には、根本的な治療を行うことによって、歯と歯の隙間も半永久的な治療が可能になります。しかし、特にはっきりとした原因があるわけではないけれど、前歯の隙間を埋めたいという患者様には、気になる隙間の部分にラミネートべニアを貼るなどの治療方法もございます。患者様のお口の中の状態や抱えている疾患などを総合的に考えながら、最適な治療方法を提案しており、患者様から高い信頼をいただいておりますね。

治療法の選択肢はいくつかあります

歯と歯の隙間という悩みに対応する治療法をいくつかご紹介しましょう。1つ目の治療法としては、隙間にラミネートべニアを貼るというものがあります。葉をほとんど削ることなくセラミック製の薄い板を隙間の部分に貼り付けるわけですが、歯の表面全体に貼る方法と、隙間の部分だけに貼る方法とがあり、患者様の歯の状態によって決めることになりますね。どちらの場合でも、2回の来院で治療が終了します。

2つ目の治療方法ですが、ダイレクトボンディング法があります。これはラミネートべニアが適用できない場合に次に考える治療法で、高い強度と耐摩耗性のあるコンポジットレジンを歯の構造に沿って少しずつ詰めていくという治療となります。一回当たりの治療時間は少し長めとなりますが、数回の来院で終了しますよ。

開咬などのように、審美的な治療では悩みを解決できない場合には、大人の患者様でも歯列矯正の治療をおすすめすることが多いですね。前歯のみの隙間改善なら、部分矯正として半年程度で治療できることもあります。また、施設矯正でも従来の表側矯正以外に裏側にブラケットを装着する舌側矯正やマウスピースを使った方法などもあるので、ライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

記事投稿日:2019年09月04日


メールでのお問い合わせ