乳歯がなかなか生え変わらない | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

乳歯がなかなか生え変わらない

群馬県高崎市でもよく見られる乳歯の悩み

お子様の乳歯がなかなか生え変わらないと、心配ですよね。群馬県高崎市にある当院にも、そんな患者様がたびたびいらっしゃいます。子供の乳歯が生え変わる時期については、一般的には6歳から11歳までの間と言われていますが、その子によって個人差はありますし、永久歯が生えてきてもなかなか乳歯が抜けずに残ってしまうという場合もあります。ここでは、乳歯がなかなか生え変わらない原因と治療方法をご紹介しますね。

通常の場合には、永久歯の根っこが顎の下で少しずつ葉の形を形成すると、乳歯の根は溶け始めてぐらぐらし、最終的に抜けるというメカニズムで歯が生え変わります。しかしこの時、乳歯の根が溶けずに残ってしまうと、永久歯が生えてきても乳歯が抜けないという状態となってしまいますよね。対策としてはまず、家庭で硬めのものを積極的に食べたり、自分で歯をグラグラと揺らしてみるという方法がおすすめです。しかし、それでも抜けない時や痛みを伴う場合には、当院で乳歯の抜歯を行うことができます。

乳歯が隣の乳歯と癒合してくっついている場合には、乳歯の根が溶けても歯は抜けませんよね。この場合、当院で癒合している歯も含めて抜歯という治療法を行うことができます。すぐ下に永久歯が伸びてきている側の歯は、すぐに永久歯が生えてきますが、癒合歯として一緒に抜歯した部分に関しては、永久歯の準備ができるまで少し時間がかかることになりますね。

乳歯と永久歯の場所がずれている時にも、乳歯は抜けづらくなります。この場合、乳歯と永久歯が両方生えている状態を放置すると、のちに歯並びやほかの疾患の原因にもなるため、当院でレントゲン撮影をし、永久歯の位置などを確認した上で乳歯の抜歯を行っています。

乳歯が歯茎に食い込んでしまっている場合にも、なかなか簡単に抜けてはくれません。この原因は不明なのですが、永久歯が生えているのに永久歯の方向に向かって歯茎にめり込んでいく乳歯がたまにありますね。この場合には、当院で乳歯の抜歯を行うことで治療をします。

先天異常の場合もあります

その他には、もともと歯の先天性欠如という疾患があります。これは、永久歯が生えてくることなく一生乳歯のままというもので、近年ではこの疾患を患う患者様が増えているようですね。当院では、乳歯だからと言ってやみくもに抜歯するのではなく、下に永久歯の存在を確認した上での抜歯を行っているので安心してくださいね。この疾患の場合には、乳歯は抜歯せずに残すという選択を行うことになります。

記事投稿日:2019年09月04日


メールでのお問い合わせ