反対咬合(受け口)は治りますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

反対咬合(受け口)は治りますか?

群馬県高崎市で受け口の悩みなら当院まで

お口の中の悩みは人それぞれです。虫歯や歯並びで悩んでいる患者さんも多いのですが、群馬県高崎市にある当院には、反対咬合、つまり受け口などで悩んでいる患者さんも数多く来院されます。反対咬合という疾患は、一言で言うなら前歯の噛み合わせが上下で逆になっている状態のことで、噛む際に上下の歯がぶつかってしまうので、よく噛めないという日常生活においては不便を感じてしまいます。それに、前歯では上手に噛みづらいため、どうしても奥歯に負担がかかりやすくなってしまいますよね。

反対咬合の治療は、当院のような歯科医院にて受けて委託ことになります。最初に受け口の難易度を判定した上で、下側の前歯を後ろ側に移動するための歯列矯正を行うという治療法が一般的ですね。その際には、下あごの部分に歯が移動するためのスペースを作る必要があるので、親知らずを抜歯し、それでもスペースが不足している際には小臼歯も抜歯することになります。

治療方法はケースバイケースで決めます

反対咬合の治療においては、下あごの発達が終了していることが必要不可欠な条件となります。治療開始の目安としては、男性なら17歳以降、女性なら14歳以降に治療を開始します。この年齢よりも低い年齢の子が治療を行う場合には、得られる効果は一時的なものが多いですね。顎の成長が終了していない段階で歯列矯正をしても、下あごが治療後に再成長してしまうため、後戻りのリスクが高くなってしまう傾向にあるようです。当院では、そうした点も含めて、総合的に患者様に適した治療開始年齢を提案しています。何回も治療をリピートする心配はないので、安心してくださいね。

もしも小さなお子様がすでに反対咬合だと見受けられる場合には、マウスピース矯正という選択肢もありますね。永久歯が出る前の段階なら、マウスピース矯正を行うことによって自然に反対咬合が改善できるチャンスが期待できます。すぐに治療を始めることがベストかどうかという点についてのご相談についても、当院で受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいね。

反対咬合の治療に関しましては、症状の重度や日常生活にどのぐらいの影響が出ているかによって、治療方法が異なります。外科治療が必要なほどの重度の場合には、疾病とみなされるので保険適用となりますが、当院での矯正治療で解消できる場合には、健康保険の適用はありません。あらかじめご了承くださいませ。当院では、自由診療に関してはリーズナブルな料金設定を行っていますが、費用面に関する相談も受け付けています。どうぞお気軽にご相談くださいね。

記事投稿日:2019年09月04日


メールでのお問い合わせ