歯間ブラシは使ったほうがいいですか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯間ブラシは使ったほうがいいですか?

近年、虫歯ができたら、痛みがでたら歯医者に行くという考えよりも、虫歯にならないようにするために日頃からのケアが大切だという「予防歯科」の大切さが言われています。
虫歯や歯周病を防ぐために欠かせないのが日々のケアですが、ケア用品の中に歯間ブラシがあります。歯間ブラシとは何か、そもそも歯間ブラシは使った方が良いのか考えてみましょう。

1. 歯間ブラシとは

歯間ブラシとは、歯と歯の間に詰まった汚れを掃除する道具です。歯と歯の間に歯間ブラシを入れてゆっくり動かしながら汚れを取っていきます。歯と歯の間の詰まりは「つまようじ」でいいのでは?という人もいるかと思いますが、つまようじですと歯肉を必要以上に押すなどの刺激が大きく、歯間ブラシの方が歯肉に負担をかけずに掃除ができます。糸ようじのフロスと役割は同じですが、口の中に手を入れる必要がない分、抵抗なく使える方が多いのが歯間ブラシです。

2. 歯間ブラシは使った方がいいの?

それでは、歯間ブラシは使った方が良いのでしょうか?

歯と歯の間は、食べかすなどが詰まりやすいです。高齢になると歯肉が痩せてくるので、より詰まりやすくなります。歯と歯の間のゴミをそのままにしておくと歯周病などの原因になるので、ゴミをとってすっきりしておきましょう。

歯と歯の間のゴミを取る道具は色々ありますが、一番手軽なのが歯間ブラシです。サイズがコンパクトで、つまようじのように歯肉に負担をかけすぎることがありません。

ただ、歯間ブラシでも乱暴にこすると歯肉や歯を痛めてしまったり、出血してしまったりすることがあります。また、サイズが合わない歯間ブラシを使うと、歯間をこすりすぎてしまうこともあります。ですので、歯間ブラシは使った方が良いですが、自分の歯間に合ったサイズを選ぶことと、適度な力加減で使うことが大切です。

歯間ブラシのサイズがわからない、使い方がわからないという方は是非歯科医院で教えてもらいましょう。歯科医院には、歯のことならなんでも教えてくれるお医者さんと口腔衛生のプロの歯科衛生士さんがいます。

群馬県高崎市にある「ひろかみ歯科医院」は予防歯科に力を入れた歯科医院です。歯のメンテナンスに行く際に、歯間ブラシの使い方やサイズなどを聞いてみましょう。特にサイズは、SSSからM、Lまで幅広くあるため、自分の歯間に合うのがどのくらいのサイズなのかは、プロの歯科衛生士さんに確かめてみましょう。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ