知覚過敏の原因は何ですか | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

知覚過敏の原因は何ですか

冷たいものを食べると歯が痛くなった女性が、「これって知覚過敏かな?」と悩まし気に言うコマーシャルがありましたが、一体、知覚過敏とは何なのでしょうか。

1. 知覚過敏とは

知覚過敏とは、虫歯などになっていないのに、歯ブラシやフロスなどが当たったり、冷たいものや熱いものを飲んだり、風をあてたりした時に、歯に何らかの痛みを感じることをいいます。ですが、虫歯が原因の痛みとは違います。

2. 歯の痛みを感じる仕組みについて

歯は全体を透明のエナメル質で覆われていて、そこから下に順に象牙質と歯の神経があります。一番表面にあるエナメル質を削っても痛みは感じません。ですが、その下の象牙質に物が当たったり冷たい物に触れたりすると内部の神経に刺激が伝達され、痛みを感じます。

3.知覚過敏の原因は?

知覚過敏の原因はいろいろあります。
(1) 加齢による歯肉の衰え
加齢によって、歯肉も痩せていき下がっていきます。歯の根っこが現れて、象牙質もむき出しの状態になると、歯ブラシが象牙質に触れたり、冷たいものや熱いものが当たると痛みを感じます。痛みは長くても1分くらいで、長時間は持続しません。

(2) 歯が欠けている場合
歯が何らかの原因で欠けてしまった場合に、象牙質がむき出しになり、痛みを感じます。

(3) 歯がすり減ったり、溶けている場合
歯が何らかの原因ですり減っていたり、溶けていたりして象牙質がむき出しになっていると、痛みを感じます。

(4) 虫歯治療後に痛みを感じる場合
虫歯治療で歯を削った後、象牙質に物が当たったりして痛みを感じる場合があります。痛みを強く感じる場合には、その下の神経を抜く必要もあります。

4. 知覚過敏を防ぐには?
知覚過敏を防ぐには、象牙質が表に出ないようにすることが大切です。年齢を重ねていくと歯肉が下がるのは誰しも通る道で、象牙質の状態を長く保っておくことはとても難しいです。象牙質の露出を少しでも防ぐためには、歯周病を防ぐことや、日頃の歯磨きで無駄に力をかけて歯肉を押し下げるようなことはしないこと、歯がとけるようなものを口にしないこと、歯の中を清潔に保つことが大切です。歯周病や虫歯のケアが、知覚過敏を防ぐ対策にもつながるのですね。

群馬県高崎市にある「ひろかみ歯科医院」は、予防歯科に力を入れた歯科医院です。通常の診察室に加え、予防センターを備え、県内外から多くの患者様がいらっしゃいます。長寿社会において歯の健康は長生きにもつながり、虫歯や歯周病、知覚過敏にならないよう日々のケアを大切にする人が増えています。ひろかみ歯科医院では、日々のケアについても積極的にアドバイスさせていただきます。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ