毎日歯磨きしても歯石はつきますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

毎日歯磨きしても歯石はつきますか?

群馬県高崎市にある「ひろかみ歯科医院」は、通常診療だけでなく虫歯や歯周病を予防する予防歯科も併せ持つ歯科医院です。県内外からいらっしゃる患者様から質問を受ける中で、多いのが「毎日歯磨きしても歯石はつきますか?」というものです。歯石とは何か、歯石の治療について、歯石がつかないようにするためにはどうすればよいか考えていきます。

1. 歯石とは

食事をすると歯には食べかすや細菌が付着します。それを長時間放置しておくと歯垢(しこう)となります。歯垢をさらに放置すると石灰化します。白いセメントのようなものが歯と歯の間や歯と歯肉の間に固まってつきます。それが歯石です。

2. 歯石の治療法

歯石自体は病原性は無いと言われていますが、放置することで歯周病の原因になるため、除去する必要があります。

歯石は歯と歯の間に固まって付いているため、歯ブラシやフロスなどで取り去ることが難しく、歯科医院で除去してもらう必要があります。歯石の除去には、「スケーリング」がおこなわれます。スケーリングとは、先端が尖ったスケーラーを利用し、歯石や歯の表面についた汚れを取っていくことです。歯肉の奥に入り込んでスケーラーでも取れない場合には、歯周外科手術によって除去することもあります。

3. 歯石を防ぐために

ひとたび歯石になってしまうと、患者様が自力で取り去ることは難しいので、歯石になる前の歯垢の段階で歯石化を防ぐことが大切です。食事をしたらそのままにせず、出来るだけ早く歯磨きをして歯垢を取りましょう。歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシを使って、一本一本の歯を丁寧にブラッシングすることで、歯垢を取り除きましょう。

いくら丁寧に毎日、毎食後ブラッシングしても完全に歯垢を取り除くことは難しいです。また唾液などからも歯垢がついて石灰化することもあるので、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらうことが大事です。日々のケアと定期的なクリーニングで歯石を防ぎ、口の中の衛生を保ちましょう。

ひろかみ歯科医院は、予防歯科に力を入れた歯科医院です。口腔衛生のプロの歯科衛生士が患者様のお口の中をチェックして、ケアをしていきます。3ヶ月毎の定期チェックをおすすめしており、歯肉の状態や虫歯になっている歯はないかチェックして、歯石をとってキレイにしていきます。虫歯や歯周病になりやすい方は、自由診療の範囲になりますが、患者様のお口の状態に合わせたクリーニングのプログラムを相談の上、決めて行ってメンテナンスしていきます。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ