元々黄色い歯も白くなりますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

元々黄色い歯も白くなりますか?

歯の黄ばみに悩んでいる人は意外と多いものです。群馬県高崎市のひろかみ歯科医院でも「歯の黄ばみが気になって」と来院される方が多くいらっしゃいます。歯の黄ばみの原因は何か、その対策、そして予防について考えていきたいと思います。

1. 黄ばみの原因は?

歯の黄ばみの原因は大きく3つあると考えられます。
(1) 歯の象牙質の色素の問題
歯は外側から、エナメル質、象牙質、歯の神経という構成になっています。一番表面にあるエナメル質は透明のため、その下にある象牙質の色が歯の色として私たちに見えていることになります。象牙質は本来は乳白色をしていますが、個人差があるため黄色っぽく見える人もいます。またエナメル質の厚さや歯の凹凸の状況で色の見え方が変わってくることもあります。

(2) 加齢や生活習慣による色素沈着
加齢により、象牙質が黄色くなることがあります。また、コーヒーやお茶、ワインなどの摂取や、タバコのヤニなどでエナメル質に色素が沈着し、黄ばんで見えます。

(3) 歯の成分が溶け出すことによる黄ばみ
甘いものをダラダラと食べ続け、口の中に糖があふれると、歯のミネラル成分が溶け出し、歯の輝きが失われ黄ばんで見えることがあります。

2. 黄ばみを取るには?

歯の黄ばみは、日々のブラッシングで取っていくことが基本になります。食事や飲み物を取ったら、歯を丁寧にブラッシングしていくことで、歯の表面についた黄ばみはほとんど取れます。ただ、仕事中にコーヒーやお茶を飲むたびに毎回歯磨きをするわけにもいかず、頻繁にコーヒーやお茶を飲む人はどうしても黄ばみがつきやすくなります。歯にこびりついた黄ばみはなかなか取れませんので、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

3. 黄ばみを防ぐためには?

黄ばみを防ぐためには、着色しやすい食べ物、例えばコーヒーやお茶などをできるだけとらないことが挙げられます。摂取する場合には、食後にしっかりブラッシングすることが大切です。また、唾液を分泌させ、口の中を清潔に保つことも大切になります。唾液を多く分泌させるためには、日々の食事で良く噛むことが大事です。良く噛んでたくさん唾液を分泌させ、口の中を衛生的に保ちましょう。

タバコを愛飲する人は、毎日のブラッシングでヤニをしっかり落としましょう。ヤニは黄ばみの原因だけでなく、口臭の原因にもなります。

正しいブラッシングができているかどうか、歯科医院で定期的にチェックしてもらうと良いでしょう。ひろかみ歯科医院では、クリーニングの際に、正しいブラッシングについてもアドバイスさせていただいています。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ