タバコは歯周病(歯槽膿漏)の原因になりますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

タバコは歯周病(歯槽膿漏)の原因になりますか?

タバコを愛飲している人は、歯周病リスクが高くなるのでしょうか?歯周病について、タバコと歯周病の関係について考えていきます。

1. 歯周病とは?

歯周病とは、口腔内の細菌によって引き起こされる感染症です。歯と歯肉の間の歯周ポケットに食べかすなどのゴミがたまると、細菌が発生します。細菌によって炎症を起こした歯肉は、腫れ上がります。炎症がひどくなると、歯周ポケットが深くなっていき、歯を支えている骨が溶けていきます。最終的には、歯がぐらついて歯を抜かなければいけない状況になってしまいます。

2. タバコと歯周病の関係

近年、タバコと歯周病の深い相関関係が分かってきました。
(1) タバコのタール成分が歯垢や歯石を付着させやすくすること、(2) ニコチン成分が血管を収縮させ、血流障害を起こすこと、(3) 喫煙によりビタミンCが破壊され歯肉のコラーゲン生成がうまくいかないこと、(4) 喫煙者は白血球数が多い為炎症反応が強くなることで、喫煙者は歯周病にかかりやすいということがわかっています。さらに、長期間喫煙している人は、ニコチンやタールといった有害物質が体内に蓄積していき、病気や細菌に対する抵抗力が非喫煙者よりも低くなります。そして、炎症によって破壊された組織が修復されづらくなり、歯周病を促進、進行させてしまうというスパイラルに陥ります。

喫煙者は、非喫煙者と比べて5倍も歯周病にかかりやすいとのデータもあります。また、喫煙者だけでなく、受動喫煙者もまた歯の色素沈着や歯周病のリスクが高くなります。親が喫煙者の10歳の女児の歯にタバコの色素沈着が見られたという厚生労働省の調査結果もあります。タバコは喫煙者だけでなく、自分の周りの大切な家族や友人などにも病気をもたらしてしまうのだという危険性を認識しましょう。

3. 歯周病にならないために

歯周病の原因は、歯と歯の間に歯垢がたまることです。ですので、禁煙したからといって歯周病にかからないというわけではありません。ですが、禁煙し、正しいブラッシングを行い、定期的にケアしていくことで、歯周病の進行を抑え、新たな歯周病を発生させにくくなります。歯周病だけでなく、口腔内トラブルや、高血圧、生活習慣病、ガンの発生リスクも抑えられます。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、予防歯科に力を入れ県内外から多くの患者様が来院されています。3ヶ月から6ヶ月の定期的なクリーニングで、歯肉のチェックや歯石除去を通して、虫歯や歯周病を防ぎましょう。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ