コーヒーを毎日飲みます。歯が黒くなったりしますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

コーヒーを毎日飲みます。歯が黒くなったりしますか?

「食後のコーヒーは止められない」「眠気覚ましにコーヒーは必ず飲む」という人は多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。同時に気になるのが、コーヒーを飲んだ後の歯の黄ばみです。タバコを吸っていないのに、歯が茶色くなった経験があるという人もいるかと思います。歯は白く保っていたいもの。そこで、コーヒーと歯の影響について考えていきたいと思います。

1. コーヒーの成分と歯への影響

なぜコーヒーを飲むと歯が着色してしまうのでしょうか。それは、コーヒーに含まれるポリフェノールの影響です。コーヒーを飲むことでポリフェノールが口の中の唾液に含まれる成分と結合し、歯に着色してしまいます。また、歯の表面を覆うエナメル質は酸に溶けやすいという性質があり、コーヒーは酸性の飲料のため、常飲しているとエナメル質を溶かし、着色しやすくなります。

2. 色素沈着してしまったら?

色素沈着してしまった場合には、歯医者さんでクリーニングしてもらいましょう。

色素沈着には、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)という方法が有効です。これは、歯科衛生士が、専門的な器具を使ってフッ素入りのジェルをつけて行う歯の清掃のことです。自分では手の届かない口の奥や歯の裏側の歯垢も歯科衛生士が丁寧に除去してくれます。PMTCが終わった後は、口の中が爽快に感じられるだけでなく、歯垢が付きにくくなります。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院は、予防歯科にも力を入れており2名の歯科医師と10名の歯科衛生士が、虫歯や歯周病を未然に防ごうと診察、クリーニングをしています。
ひろかみ歯科医院でも、PMTCを取り入れています。ぜひご相談ください。

3. 色素沈着を防ぐためには

大好きなコーヒーを飲みながらも、自分の大切な歯をキレイに保っていくためには、どうしたら良いでしょうか。予防法はいくつかあります。
(1) コーヒーを飲んだらすぐに口をすすぐ
コーヒーの色素が歯に付着する前に口をすすぐ事で、色素沈着を防ぐ事ができます。マウスウォッシュを使う事も効果的です。

(2) ストローを使うようにする
アイスコーヒーの場合、ストローを使う事でコーヒーに触れる範囲を狭める事ができます。

(3) 丁寧にブラッシングする
一本一本の歯を丁寧に磨いていく事が大切です。歯磨き粉をホワイトニング成分を含んだものにする事で、ホワイトニングの効果を得る事ができます。

記事投稿日:2019年10月23日


メールでのお問い合わせ